Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 17
スペイン語の「さようなら」

日本語にも別れの挨拶は多くあり、「さようなら」の他、「また明日」「バイバイ」「じゃあね」…といった言い方があります。相手によって使い分けるほか、次にいつ会うのかという点でも、挨拶の仕方は違ってくると言えるでしょう。 スペイン語も同様です。相手や次にいつ会うのかといったことを考慮して、挨拶を使い分ける必要があります。

「さようなら」の挨拶に限ったことではありませんが、カジュアルな言い方、ビジネスライクな言い方などがありますから、それぞれにマスターしておくことが望ましいでしょう。
特に、ビジネスでスペイン語を使う予定の人や目上の人とスペイン語で会話する機会のある人などは、適切なフレーズを使えるようにしておくことが大切です。

スペイン語の別れの挨拶10の言い方

Ciao(チャオ)

スペイン語文法の本

「さようなら」の挨拶で、特に多く使われる挨拶と言えます。イタリアでは、「やあ」(人に会った時にする挨拶)と同じ意味でも、「バイバイ」と同じ意味でも使われますが、スペインでは別れの際にのみ使われています。軽い挨拶・短い別れの際の挨拶として使われます。丁寧な言い方ではないため、目上の人やビジネスの場では使用しません。

Hasta pronto(アスタ プロント)

“Hasta pronto.”は、すぐに会う約束のある人、すぐに会う予定の人に使う別れの挨拶です。極短い別れの挨拶と言って良いでしょう。 日本語では、「また後でね」「またすぐにね」といった感じになるでしょう。

Hasta luego(アスタ ルエゴ)

“Ciao.”と同様に、頻繁に使われるスペイン語の挨拶です。「じゃあね」「さようなら」などという意味で、短い別れの挨拶です。“Ciao.”とは異なり、“Hasta luego.”は目上の人にも使える挨拶です。

Hasta mañana(アスタ マニャーナ)

“Hasta mañana”は「また明日」と同じ意味であり、明日会う予定がある人に使う挨拶です。“mañana”には、明日という意味だけでなく、午前という意味もあり、“esta mañana”では「今朝」という意味になります。

Nos vemos (ノス ベーモス)

「また会いましょう」という意味で使われます。カジュアルな言い方なので、目上の人に対しては使用しません。 仲の良い人と別れる際に、「次に会う予定は決まっていないけれど、また会おうね」という感じで、明るい印象を残す挨拶であり、多く使用されます。

cuidate(クイダテ)

“cuidate”は「またね」「元気でね」などの意味で使われます。“cuidate mucho”で「体に気を付けて」などの意味となります。比較的フレンドリーな言い方となるので、丁寧に言わなければならない場合には、違う言い方が望ましいでしょう。

Hasta la vista.(アスタ ラ ビスタ)

映画のセリフや歌詞などにも使われ、よく知られているスペイン語の一つです。映画ターミネーターの、“Hasta la vista,baby.”は名セリフとなっています。 「また会う日まで」「また次に会う時まで」といった意味の別れの挨拶です。

adiós(アディオス)

長い別れの際に使用される挨拶です。日本でも良く知られているスペイン語の一つだと言えるでしょう。次に紹介しますが、使い方に注意が必要です。

adiós”はどんな時に使う?

卒業証書を持った学生

スペイン語で「さようなら」の挨拶と言ったら、“adiós”(アディオス)という印象が強いと思います。しかし、スペイン語の別れの挨拶は“adiós”だけではありません。
日本人に特によく知られているスペイン語と言える“adiós”は、どのようなシチュエーションで使用するのでしょうか。

adiós(アディオス)「さようなら」「ごきげんよう」

“adiós”は、次はいつ会えるのかわからないような、長期的な別れの際に使う挨拶です。「アディオス」は、日本の歌の歌詞にも使用されていて、よく知られているスペイン語の一つなのですが、『バイバイ=adiós』と間違って認識している人も少なくないようです。

“adiós”は頻繁に使う言葉ではありません。「もう会いません」という意味で受け取られてしまう場合もあるでしょう(言い方なども影響します)。 シチュエーションに合った挨拶ができるようにしたいですね。

Que tenga buen fin de semana.(ケ テンガ ブエン フィン デ セマナ)

“semana”は「週」、“fin de semana”は「週末」を意味します。“Que tenga buen fin de semana.”は、「良い週末をお過ごしください」という意味で使います。 丁寧な言い方なので、目上の人への挨拶としても適しています。

Que tenga un buen día.(ケ テンガ ウン ブエン ディア)

「良い1日をお過ごしください」「良い1日になりますように」という意味の挨拶です。これも丁寧な言い方なので、目上の人にも使えます。

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する