Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 06
スペイン語数字を数えながら寝てしまった羊のイラスト

数は、個数を数えるだけでなく、時間や日付、電話番号などに使われる重要な言葉です。基本的な数字の発音が分からないと、相手の言っていることが分からなかったり、伝えたい情報を相手に理解してもらうことができません。

ここで紹介する数字と発音を参考にして、基本的なスペイン語の数字について学んでみましょう。

基本的な数字の発音のしかた

スペイン語で数は基本をしっかり覚えることで、小さな数から大きな数まで数えられるようになります。特に20以上の大きな数は、規則性を理解することで簡単に覚えられます。

0~99までの数字

まずは、0~19の数え方です。15までは規則性がないため、ひたすら暗記あるのみです。16~19に関しては、「10の位+1の位」という表し方になっています。

意味 読み方 意味 読み方
0 cero セロ 10 diez ディエス
1 uno ウノ 11 once オンセ
2 dos ドス 12 doce ドセ
3 tres トレス 13 trece トレセ
4 cuatro クアトロ 14 catorce カトルセ
5 cinco シンコ 15 quince キンセ
6 seis セイス 16 dieciseis ディエシセイス
7 siete シエテ 17 diecisiete デイシシエテ
8 ocho オチョ 18 dieciocho デイシオチョ
9 nueve ヌエベ 19 diecinueve ディエシヌエベ

1(uno)は、後ろに続く名詞が、男性名詞の場合は“un”、女性名詞の場合は“una”となります。

一部例外を除くと、男性名詞は男性を指す名詞(pagre[お父さん]、hombre[男性]など)、または語尾が“o”で終わっている名詞、また、女性名詞は女性を指す名詞(madre[お母さん]、mujer[女性]など)、または語尾が“a”で終わっている名詞と分類されます。

例えば、unoは以下のように変化します。

「1冊の本」
un libro(ウン リブロ)

「1冊の雑誌」
una revista(ウナ レビスタ)

次は20~29までの数字です。20と21~29とでは、tの後の“e”が“i”に変化しているため注意しましょう。

意味 読み方
20 veinte ベインテ
21 veintiuno ベインティウノ
22 veintidos ベインティドス
23 veintitres ベインティトレス
24 veinticuatro ベインティクアトロ
25 veinticinco ベインティシンコ
26 veintiseis ベインティセイス
27 veintisiete ベインティシエテ
28 veintiocho ベインティオチョ
29 veintinueve ベインティヌエベ

またに、30~99までの数える際は、英語の「and」と同じ意味の“y”を使って、10の位と1の位をつなぐ

「10の位 + y(イ) + 1の位」

というルールがあります。
10の位を表す30~90までの数字は以下の通りです。

意味 読み方
30 treinta トゥレインタ
40 cuarenta クアレンタ
50 cincuenta シンクエンタ
60 sesenta セセンタ
70 setenta セテンタ
80 ochenta オチェンタ
90 noventa ノベンタ

例えば45の場合は、「45 = 40 + y + 5」なので、
cuarenta y cinco(クアレンタ イ シンコ)となります。

3桁の数字

100以上の数字を表す場合は、100の位の後に10の位と1の位を付け足して表現します。

意味 読み方
100 ciento/cien シエント / シエン
200 doscientos/-tas ドスシエントス / ドスシエンタス
300 trescientos/-tas トレスシエントス / トレスシエンタス
400 cuatrocientos/-tas クアトロシエントス / クアトロシエンタス
500 quinicientos/-tas キニシエントス / キニシエンタス
600 seiscientos/-tas セイスシエントス / セイスシエンタス
700 setecientos/-tas セテシエントス / セテシエンタス
800 ochocientos/-tas オチェシエントス / オチェシエンタス
900 novecientos/-tas ノベシエントス / ノベシエンタス

100を表す場合、後に数字が続くなら“ciento”、数字が続かないなら“cien”となります。

「125」
ciento veinticinco(シエント ベインティシンコ)

「100ユーロ」
cien euros(シエン エウロス)

200以上の数字を表す場合は、後に続く名詞によって男性形または女性形に変化します。

「200冊の本」
doscientos libros(ドスシエントス リブロス)

「551軒の家」
quinicientas cincuenta y una casas(キニシエンタス シンクエンタ イ ウナ カサス)

1000以上の大きな数字

日本語では、1000以上の大きな数を表す場合は「,(カンマ)」、小数点は「.(ピリオド)」で表されます。ところが、スペイン語ではまったく使い方が逆になるため注意が必要です。

スペイン語と日本語における、カンマと小数点(ピリオド)の違い比較図
意味 読み方
1000 mil ミル
2000 dos mil ドス ミル
3000 tres mil トレス ミル
4000 cuarto mil クアトロ ミル
5000 cinco mil シンコ ミル
6000 seis mil セイス ミル
7000 siete mil シエテ ミル
8000 ocho mil オチョ ミル
9000 nueve mil ヌエベ ミル
10.000 diez mil ディエス ミル
100.000 cien mil シエン ミル

スペイン語で数字は、3桁ごとに分けて考えられます。そのため、1.000に桁上がりすると“mil”、1万で10mil、10万で100milとなります。さらに100万に桁上がりすると、“millón(ミジョン)”という単位で表されます。

「1.458」
mil cuatrocientos cincuenta y ocho(ミル クアトロシエントス シンクエンタ イ オチョ)

「3.500」
tres mil quinicientos(トレス ミル キニシエントス)

「15.729」
quince mil setecientos veintinueve(キンセ ミル セテシエントス ベインティヌエベ)

小数

小数点がついた数字を読む際は、”con(コン)“という読み方になります。また、小数点以下が何桁もある場合は、2桁ずつ区切って読みます。

「0,5%」
cero con cinco porciento(セロ コン シンコ ポルシエント)

「5,78」
cinco con setenta y ocho(シンコ コン セテンタ イ オチョ)

分数

分数では分子→分母の順に表します。また、分子が2以上の場合は、分母は複数形になります。

意味 読み方
1/2 un medio ウン メディオ
1/3 un tercio ウン テルシオ
2/3 dos tercios ドス テルシオス
1/4 un cuarto ウン クアルト
3/4 tres cuartos トレス クアルトス
1/5 un quinto ウン キント

数字に関係するスペイン語の会話

基本的な数の数え方を覚えたところで、次はそれを実際に使ってみるとよいでしょう。知っておくと便利な、数にまつわるスペイン語の会話をご紹介します。

数を相手に伝える方法

「ビールを1つください」
Una cerveza, por favor.(ウナ セルベッサ ポル ファボル)

ビール(cerveza)は、語尾が”a“なので女性名詞です。そのため、”un“ではなく”una“がつきます。また、コーヒー(café)と紅茶(te)は男性名詞のため、“un”となります。

電話番号の聞き方と伝え方

「あなたの電話番号は何番ですか?」
¿Cuál es tu número de teléfono?(クアル エス トゥ ヌメロ デ テレフォノ)

「私の番号は、080-7770-0512です」
Es el cero-ocho-cero, setenta y siete-setenta, cero-cinco-doce.
(エス エル セル オチョ セル セテンタ イ シエタ セテンタ セロ シンコ ドセ)

電話番号は偶数桁となる場合、2桁ずつ区切って表現します。そのため、この場合は080/77/70/0/5/12と分けて発音します。

時間の聞き方・答え方

「今、何時ですか?」
¿Qué hora es?(ケ オラ エス)

「11時30分です」
Son las once y media.(ソン ラス オンセ イ メディア)

分と時間は“y”でつなぎます。また、15分や30分などの切りのいい時間は、分数を使って表現します。

日にちの聞き方・答え方

「今日は何日ですか?」
¿A cuántos estamos hoy?(ア クアントス エスタモス オイ)

「6月24日です」
Estamos a veinticuatro de junio.(エスタモス ア ベンティクアトロ デ フニオ)

日付は「日 + de + 月」と表現します。estamosは「(状態が)~である、いる」という意味です。

年齢の聞き方・答え方

「年はいくつですか?」
¿Cuántos años tienes?(クアントス アニョス ティエネス)

「32歳です」
Tengo trienta y dos años.(テンゴ トレインタ イ ドス アニョス)

「私は○○歳です」と言う場合、スペイン語では「年を持っている」と表現することから、teango(持つ)+ano(年)と表現します。

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する