Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 14
スペイン語の曜日、月を教える講師

スペイン語の曜日と月の表現は、日本語に比べて覚えるのが難しいと感じている人は多いのではないでしょうか。スムーズに暗記するためには、語源となっている言葉やエピソードを知ることも方法の1つです。ここでは、どんな言葉が月や週のもとになっているのか?また、日常会話での簡単な使い方についてお教えします。

スペイン語の曜日

スペイン語で曜日は、直訳すると「週の日」という意味のdia de la semana(ディア デ ラ セマナ)といいます。

日本の七曜では、それぞれ「月」「火星」「水星」「木星」「金星」「土星」「太陽」のような天体の名称が使われているのに対し、スペイン語では、ローマ神話に登場する神の名前や宗教に関係するラテン語が語源となった、次のような呼び方が使われています。

意味 曜日 読み方 語源になっているラテン語
月曜日 Lunes ルネス Luna(月の女神ルナ)
火曜日 Martes マルテス Mars(軍神マルス)
水曜日 Miércoles ミエルコレス Mercurius(商業の神メルクリウス)
木曜日 Jueves フエベス Luppiter(最高神ユピテル)
金曜日 Viernes ビエルネス Venus(愛の女神ウェヌス)
土曜日 Sábado サバド Sabbatum(安息日)
日曜日 Domingo ドミンゴ Dominus(主の日)

カリブ海のドミニカ国は、コロンブスが日曜日(Domingo)に訪れたことから、「ドミニカ(Dominica)島」と名付けられたことで知られています。また、英語読みにするとLuppiter(最高神ユピテル)はJupiter(ジュピター)、Venus(愛の女神ウェヌス)はVenus(ヴィーナス)となります。

週(semana)を使った表現を覚えよう

曜日(dia de la semana)で使われているsemana(セマナ)は、日本語の「週」にあたる言葉です。ここではまず、semanaを使った次のような簡単な表現を覚えましょう。

  • 先週 la semana pasada(ラ セマナ パサダ)
  • 今週 esta semana(エスタ セマナ)
  • 来週 la próxima semana(ラ プロキシマ セマナ)
  • 毎週 cada semana(カダ セマナ)

先週を表すpasadaは「過ぎた」、来週を表すpróximaは「次の」という意味の形容詞で、女性名詞のsemanaを修飾することから、どちらも語尾が”a”で終わっています。また、「すべての」という意味のcadaがsemanaを修飾することで、「全ての週」すなわち「毎週」という意味になります。

それでは次の例文を参考にして、使い方を覚えましょう。

「先週は私の誕生日でした」
La semana pasada fue mi cumpleaños.(ラ セマナ パサダ フエ ミ コンプレアニョス)

「今週は忙しいです」
Estoy ocupado esta semana.(エストイ オクパド エスタ セマナ)

「また来週会いましょう!」
¡Hasta la próxima semana!(アスタ ラ プロキシマ セマナ)

週末の別れの挨拶には、週の終わり(fin de semana)に英語のgoodと同じ意味のbuenaを付けた次のような表現もあります。

「良い週末を!」
¡Buena fin de semana!(ブエナ フィン デ セマナ)

また、この挨拶はsemanaを省略して、¡Bena finde!(ブエナ フィンデ)と表現する地域もあります。

曜日を使った会話を練習しよう

カレンダー

週と同様に曜日も、先週・今週・来週の表し方を覚えておく必要があります。ただし、semanaが女性名詞ですが、lunes(月曜日)やmartes(火曜日)などの曜日はすべて男性名詞のため、形容詞はどれも語尾が“o”で終わっているほか、「これ」を表す指示代名詞も合わせてesteに変わります。

  • 先週の月曜日 pasado lunes(パサド ルネス)
  • 今週の月曜日 Este lunes(エステ ルネス)
  • 来週の月曜日 próximo lunes(プロキシモ ルネス)
  • 毎週月曜日に cada lines(カダ ルネス)

それでは、次に曜日に関する会話を学んでみましょう。まずは、今日の曜日を尋ねる方法からです。

「今日は何曜日ですか?」
¿Qué día es hoy?(ケ ディア エス オイ)

この疑問文を直訳すると、「hoy(今日)はque(何)の日(dia)ですか?」となります。
また、相手に曜日を聞いているということをより明確にしたい場合は、次のような聞き方をします。

「今日は何曜日ですか?」
¿Qué día de la semana es hoy?(ケ ディア デ ラ セマナ エス オイ)

このような質問には、次のように答えます。

「今日は木曜日です」
Hoy es jueves.(オイ エス フエベス)

「金曜日です」
Es viernes.(エス ビエルネス)

スペイン語の月

机の上のカレンダー

スペイン語で月を表す場合、暦の上での月を表すmes(メス)という単語を使って、「1年の月」を意味するMeses del año(メセス デル アニョ)という表現が使われます。

曜日と同様に、ローマ神話に登場する神のほか、実在の人物の名前などのラテン語が主に語源となっています。由来となっているそれぞれの語源やエピソードを一緒に覚えておくと、暗記しやすくなります。

意味 曜日 読み方 語源となっているラテン語
1月 Enero エネロ Janus(古代ローマの神ヤヌス)
2月 Febrero フェブレロ Februus(月の神フェブルウス)
3月 Marzo マルソ Mars(軍神マルス)
4月 Abril アブリル Aperio(一年の始まりを表す)
5月 Mayo マヨ Maia(豊穣の女神マイア)
6月 Junio フニオ Juno(最高神ユピテルの妻ユノ)
7月 Julio フリオ Julius(ユリウス・カエサル)
8月 Agosto アゴスト Augustus(ローマ皇帝アウグストゥス)
9月 Septiembre セプティエンブレ Septem(第7の月)
10月 Octubre オクツブレ Octo(第8の月)
11月 Noviembre ノビエンブレ Novem(第9の月)
12月 Diciembre ディシエンブレ Decem(第10の月)

1月の語源となっているヤヌスは門の守護神で、物事の入り口を司ることから1月の神とされているほか、月の神フェブルウスは2月に行われる慰霊際の主神です。また、ユピテルの妻ユノは結婚を司る女神であるため、6月に結婚するジューン・ブライドは幸せになれると信じられているのです。

9月から12月は、3月を起点として数えた序数がそのまま月の名前になっています。それより前の7月はもともとQuintilis(第5の月)でしたが、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の名をとって改訂されたほか、初代ローマ皇帝アウグストゥスは自分の誕生月である8月を、Sextilis(第6の月)から自らの名前に改めさせたとされています。

月(mes)を使った表現を覚えよう

日本語の1ヶ月を表す「月」は、空に浮かぶ「月」と同じ単語が使われますが、スペイン語の期間を表す月(mes)は、月の満ち欠けの期間を測って1ヶ月を決めたことから、「測る」という動詞が語源となっています。それでは、はじめにmesを使った簡単な表現を覚えましょう。

  • 先月 el mes pasado(エル メス パサド)
  • 今月 este mes(エステ メス)
  • 来月 el mes próximo(エル メス プロキシモ)
  • 毎月 cada mes(カダ メス)

mesは男性名詞のため、「先月」や「来月」には定冠詞elがつきます。また、「毎月」を表す場合はcadaのほかに、「全ての月」という同様の意味のtodos los mesesという表現が使われることもあります。

月を使った会話を練習しよう

それでは、日常会話で使える月に関する表現を使ってみましょう。まずは、今日の日付を尋ねる表現とそれに対する答え方をご紹介します。

「今日は何月何日ですか?」
¿Que dia del mes es hoy?(ケ ディア デル メス エス オイ)

「11月10日です」
Es 10 de Noviembre.(エス ドセ デ ノビエンブレ)

そのほかに、estarの3人称複数形estamosを使った次のような表現があります。

「今日は何月何日ですか?」
¿A cuántos estamos hoy?(ア クアントス エスタモス オイ)

「11月10日です」
Estamos a doce de Noviembre.(エスタモス ア ドセ デ ノビエンブレ)

次は誕生日の聞き方についてです。cuándo(いつ)という疑問詞を使って、次のように表します。

「誕生日はいつですか?」
¿Cuándo es tu cumpleaños?(クアンド エス トゥ コンプレアニョス)

「私の誕生日は3月12日です」
Mi cumpleaños es el dia 12 de marzo.(ミ クンプレアニョス エス エル ディア ドセ デ マルソ)

「3月12日です」
12 de marzo.(ドセ デ マルソ)

数字に表し方については、「スペイン語の数字を覚えて日常会話に活かそう!」をお読みください。

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する