Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 09
握手をするスペイン人と日本人のビジネスマン

スペイン語で自己紹介のことをpresentación(プレセンタシオン)といいます。職場や学校、パーティなどでスペイン語圏の人と知り合った際に、これからご紹介するフレーズを使ってpresentaciónをしてみませんか?上手に自己アピールをすれば、確実に相手との距離が縮まるはずです。

1.簡単な挨拶をする

自己紹介をはじめる前に、まずは簡単な挨拶をしましょう。いくつか例文をご紹介します。

「こんにちは」
¡Hola!(オラ)

「お元気ですか?」
¿Como estas?(コモ エスタス?)

「初めまして」
¡Mucho gusto!(ムーチョ グスト)

「自己紹介したいと思います」
Me gustaria presentarme.(メ グスタリア プレセンタルメ)

gustar(~気に入る)を使ってme gustaria ~という表現する場合、日本語の「~したいのですが」というような意味になります。また、相手の許可を取りたい場合は、permitir(~を許可する)を使った以下のような表現があります。

「自己紹介してもよろしいですか?」
¿Me permite presenterme?(メ ペルミッテ プレセンタルメ)

2.名前を名乗る

まずは、名前を名乗るところから自己紹介をはじめましょう。
ここでは、「私の名前はケンです」と名乗る場合の3つの方法をご紹介します。それぞれ微妙にニュアンスが異なることから、相手に応じて使い分けることをおすすめします。

●Soy Ken.(ソイ ケン)
●Me llamo Ken.(メ ジャモ ケン)
●Mi nombre es Ken.(ミ ノンブレ エス ケン)

一般的に使われるのは、動詞llamar(~と呼ぶ)を使ったMe llamo~です。この表現では英語のmyselfにあたる再帰代名詞meを使っているため、直訳すると「私は私自身をケンと呼びます」という、ちょっとおかしな意味になります。

Soy~は英語の「I am ~」に当たる表現で、この中で一番カジュアルな名乗り方。それに対して、Mi nombre es~は、英語の「My name is ~」にあたる少し丁寧な表現になります。

3.自己紹介におすすめの内容

自己紹介の内容を考える女性

名前を名乗ったら、次は相手に自分を知ってもらうための話題を話しましょう。ここでは、自己紹介の項目で一般的な「出身地」「住んでいる場所」「仕事」「趣味」の4つの内容を紹介する例文をあげています。

出身地

出身地を紹介する場合、いくつかの方法があります。はじめに紹介するのは、自分が日本人であるということを表すSoy ~(私は~です)です。

「私は日本人です」
Soy japonés.(ソイ ハポネス)~あなたが男性の場合
Soy japonésa.(ソイ ハポネッサ)~あなたが女性の場合

次に、「~の」「~から」という意味の前置詞deを使った表現Soy de ~(~の出身です)をご紹介します。

「日本の出身です」
Soy de Japón.(ソイ デ ハポン)

「私は北海道の出身です」
Soy de Hokkaido.(ソイ デ ホッカイドウ)
「北海道は日本の北に位置します」
Hokkaido está al norte de Japón.(ホッカイドウ エスタ アル ノルテ デ ハポン)

estaは「~の状態にある」、norteは「北部」という意味です。
また、そのほかにvenir(来る)という単語を使った、以下のよう表現があります。

「日本から来ました」
Vengo de Japon.(ベンゴ デ ハポン)

現在、住んでいる場所

住んでいる場所を相手に伝える場合は、vivir(住む)を使って表します。

「東京に住んでいます」
Vivo en Tokio.(ビボ エン トウキョウ)

「この近くに住んでいます」
Vivo cerca de aqui.(ビボ セルカ デ アキ)

cercaは「近くに」、aquiは「ここ」という意味です。

仕事について

職業や肩書きについて表す際は、英語の「I am ~」にあたるSoy~を使います。

「私は学生です」
Soy estudiante.(ソイ エストゥディアンテ)

「私は会社員です」
Soy ofisinista.(ソイ オフィシニスタ)

それ以外には、trabajo(仕事)という名詞を使って説明する方法と、動詞のdedicar(捧げる)を使った方法があります。

「私の仕事は教師です」
Mi trabajo es un maestro.(ミ トラバホ エス ウン マエストロ)~あなたが男性の場合

Mi trabajo es un maestra.(ミ トラバホ エス ウン マエストラ)~あなたが女性の場合

「観光業に従事しています」
Me dedico al turismo.(メ デディコ アル トゥリスモ)

Mi trabajo es ~は、英語の「My job is ~」にあたります。また、Me dedico ~は、「Me llamo ~」と同様に再帰代名詞を使った表現で、直訳すると「私は私を観光に捧げています」という意味になります。

趣味や好みについて

趣味を想像する女性

自己紹介の際に、趣味や自分が好きなこと、最近興味があることを付け加えてみましょう。相手に親近感を与えるほか、趣味が合う友達に出会うことができるかもしれません。

趣味を紹介する場合、スペイン語のafición(アフィシオン)よりも、最近は英語のhobby(ホビー)が使った表現が一般的になりつつあります。

「私の趣味は料理です」
Mi hobby es cocinar.(ミ ホビ エス コシナール)

また、「~が好き」という場合はMe gusta ~が使われます。

「私はマンガを読むのが好きです」
Me gusta leer comics.(メ グスタ レール コミックス)

Me gustaは、SNSのスペイン語版の「いいね!」に使われている言葉です。「~が好き」「~を気に入る」という意味のgustarは、人や物などに幅広い対象に使うことができます。

次にinteresarを使った「~に興味がある」という表現をご紹介します。

「私はスペイン語に興味があります」
Me interesa español.(ミ インテレサ エスパニョール)

interesarは「~の興味を引く」という意味の動詞です。そのため、Me interesa ~を直訳すると「~が私の興味を引く」となるのですが、一般的には「私は~に興味がある」という意味として使われます。

4.自己アピール

自己紹介が終わったら、相手と親しくなるために自己アピールをしてみましょう。

日本人の名前の中には、外国人が発音しにくいものがあります。もし言いにくい名前の人は、次のような表現を使ってニックネームで呼んでもらうとよいでしょう。

「私をマユと呼んでください」
Llamame Mayu.(ジャマメ マユ)

Llamameは、llamar(~と呼ぶ)に直接me(私に)を付加した命令形です。Llamame!(ジャマメ!)だけの場合は「電話してね!」という意味になりますので、ぜひ気になる相手に使ってみてください。

また、相手と仲良くなりたい場合は次のような表現を使ってみましょう。

「友達になってください」
¡Vamos a ser amigos!(バモス ア セル アミーゴス)

vamosはir(行く)という動詞の一人称複数形です。「vamos a + 動詞の原形」にすると、英語のLet’s ~と同じような「~しましょう」という意味になります。

さらに、vamosを使った表現をもう1つ。自己紹介の後で、相手をお茶に誘いたいときは次のような表現を使ってみましょう。

「コーヒーを飲みに行きましょう」
¡Vamos a tomar un café!(バモス ア トマル ウン カフェ)

tomarは、「食べ物や飲み物をとる」という意味のほか、「写真を撮る」「物を手に取る」「乗り物に乗る」などの幅広く場面で使うことができる、憶えておくと便利な動詞です。

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する