Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 10
スペイン語レッスンを担当するミゲル講師と笑顔の男性

今日も銀座でスペイン語
今日はオリフィリア先生がお休みのため、初めて代講のレッスンをミゲル先生から。
とてもスマートでテンポよくレッスンしてくれる。

本日のお題は二つ
tiempoお天気とnumeros数字

まずは基本的な形で

Hace calor暑い
Hace frio 寒い
Hace fresco 涼しい
Hace viento 風がある
Hace sol 日差しがある

など、hacer動詞につづく名詞

次に、Hayにつづく名詞たち

Hay humedad湿気がある
Hay nieve
Hay niebla
Hay tormenta 雷雨
Hay tifon 台風
Hay nube くもり

そして動詞そのもの

Llueve雨がふる
Nieva雪が降る
Granizaひょうが降る
Truena

それから最後に形容詞

Frio寒い
Caluroso暑い
Templado温かい
Suaveマイルド
Humedo湿気がある
Seco乾いている
Nublado曇っている
Despejado晴れている

などが出てきた。
これはシャドーウィングでもして、慣れて覚えていくしかないな。

代表的な会話としてミゲル先生が

Que tiempo hace hoy?
「今日の天気は?」

Hoy lluve mucho, hay demasiado umedad, y hace frio.
「今日は雨がたくさん降っていて、ジメジメしすぎ、そして寒い(最悪!)」

動詞、hay, haceの典型的な使い方を示してくれた。
Demasiadoは「~過ぎる」という意味で、とても便利な表現。

ここでお天気に関するQ&Aをいくつかミゲル先生が教えてくれた。
私が福岡出身なので、

Que tiempo hace en feburero en Fukuoka?
「福岡の2月はどんな天気ですか?」

En feburero en fukuoka hace frio y hay nube mucho, a veces nieve, (o nieva mucho)
「福岡の2月は寒く、よく曇ります。そして時々雪もあります」

Que tiempo hace en agosto en el saharo?
「サハラの8月はどんな天気ですか?」

No se claro (o cierto?), pero tal vez hace demasiado calor.
「はっきりとは知らない、けどたぶん暑すぎる」

という会話をなんとか。
Ademas (加えて)、

Que temperature hace hoy? 今日は何度ある?
Cuantos grados hace hoy? 同じ意味などを習った。

答え方としては、

Hace treinta y dos grados.
「今日は32度」

Que calro!
「暑い!」

や、氷点下を表す時に

Hace seis grados bajo cero.
「氷点下6度」

Que frio!
「寒い!」

などを学んだ。
おもしろい。
ここまで習ったその他のNew Phrases & wordsをまとめてみる

Tal vezたぶん
Bajo cero氷点下
Cuantos grados何度?
Que tiempoどんな天気?
Demasiado~過ぎる

日常会話に使えそうな内容なので、日ごろ歩きながら
Que tiempo hace hoy? Cuantos grados hace hoy? とシャドーウィングしてみよう。

そして、ミゲル先生の本日〆のレッスン
おもむろに

1un
11once

と数字を白板に書き、私が答えるというレッスンに。

111ciento once
1,111mil ciento once
11,111once mil ciento once
111,111ciento once mil ciento once
1,111,111un million ciento once mil ciento once
11,111,111once millions ciento once mil ciento once
111,111,111ciento once millones ciento once mil ciento once
1,111,111,111un mil ciento once millones ciento once mil ciento once

言えたら、ついついガッツポーズがでてしまうほど、タフなレッスンだった。
でも面白かった。Muy interesante!

最後に注意されたのはbillonで、スペイン語の場合、
百万の百万倍、百万の二乗1,000,000,000,000、つまり兆。
英語のbillion(10億)とは桁が違ってくる(2桁!)ので、注意とのこと。

本日もたくさん新しいことを習った。
Vamos a practica! 練習練習・・・

Hasta la Viernes また金曜にこの続きをオリフィリア先生と
Adios!バイバイ

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する