Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 07
スペイン語と英語と女性

スペイン語では、名詞には男性名詞や女性名詞があるし、形容詞や動詞も活用が多すぎて、すべてを一から覚えようとするのは大変ですよね。スペイン語を勉強する際、効率的に語彙を覚えるために英語を活用してみませんか?

スペイン語には英語と似ている語彙が多いことから、これまで学んだ英語の語彙や知っている単語を結びつけると、意外とスラスラ意味を覚えられるんです。ここで紹介するスペイン語と英語の共通点を、ぜひスペイン語の語彙の増やす参考にしてください。

スペイン語と英語の共通点とは

スペイン語と英語は、「インド・ヨーロッパ語族」という同じ系統の言語とはいえ、イタリック語派とゲルマン語派という異なるグループに属していることから、文法などの多くの違いが存在します。

インド・ヨーロッパ語族の主な言語

スペイン語を話せる人は、ポルトガル語やイタリア語が何となく理解できるという話をよく聞きますよね。スペイン語をはじめとする、フランス語やイタリア語、ポルトガル語などのヨーロッパで使われている言葉は、イタリック語派の「ロマンス諸語」という同じ言葉のグループに属しているためよく似ているのです。

ロマンス諸語は、かつてローマ帝国で公用語として使われていたラテン語の口語から派生した言語で、さらに「東ラテン語族」と「西ラテン語族」の2つの語族に分かれています。この2つにグループには、以下のような大きな違いがあります。

東ラテン語族:名詞を複数形にする際、主に語尾に母音を付加する

西ラテン語族:名詞を複数形にする際、主に語尾にsを付加する

英語ではご存知のように、名詞を複数形する際は主にsを付加します。それに対して、同じゲルマン語派の「西ゲルマン語群」に属するドイツ語では、名詞の複数形は語尾にe,er,en、オランダ語では語尾にenを付加します。まさに名詞の複数形こそが、英語と西ラテン語族との共通点の一つなのです。

英語にスペイン語と共通点が多い理由

英語がラテン語の影響を受けることにより、同じ語群に属するドイツ語やオランダ語と違いが生まれた背景には、11世紀に起こった「ノルマン・コンクエスト」が関係しています。

ノルマン・コンクエストとは、フランスの北西部にノルマン人が建国したノルマンディー公国のギョーム2世が行ったイングランド征服のことで、1066年の戦いの勝利によって、イングランドはノルマン人に支配されることになりました。

それにより、イギリスの支配階級がフランス語を話すノルマン人で占められたことから、英語にはフランス語やラテン語から語彙を大量に取り入れられました。その結果、英語は西ゲルマン語群でありながら、西ラテン語族の特徴を多く持つ言語となったのです。

英語と似ているスペイン語の語彙の例

もともとスペイン語とフランス語には共通点が多いことから、フランス語の影響を受けた英語には、間接的にスペイン語と似たような単語が多くあります。スペイン語の単語を覚える際、英語に似た単語だということが分かっていれば、意味をスムーズに覚えられるはずです。

スペイン語と同じ、またはほとんど似たような英語の単語には、以下のようなものがあります。例を参考にして、英語と関連付けて覚えてみましょう。

意味 スペイン語 英語
ホテル hotel hotel
アルコール alcohol alcohol
カメラ camera camera
警察 policía police
銀行 banco bank
歴史 historia history
芸術 arte art
海岸 costa cost
液体 líquido liquid
情報 información information
estación station
攻撃 ataque attack
女優 actriz actress
コーヒー café coffee
お茶 té tee

アメリカの地名からスペイン語を学ぼう

こちらを見つめているチワワ

私たちが普段、何気なく使っている言葉の中にも、多くのスペイン語が存在しています。例えば、日本語として当たり前のように使われている、「タバコ」「パン」「マッチョ」「チワワ」などの言葉は、どれも語源はスペイン語です。そして、アメリカ合衆国の地名にも、意外と多くのスペイン語が使われています。

ここでは、皆さんがよく知っている、スペイン語を使ったアメリカの州の名前と地名をご紹介します。スペイン語の地名は、主にスペイン語が話されている地域に多くありますが、意外な北部の州名にも使われています。元の意味をしっかりと理解することで、さらに多くの語彙を覚えることにつながるはずです。

スペイン語が語源の州の名前

州名 意味
California(カルフォルニア州) 天国に近い
Colorado(コロラド州) 色のついた、赤い
Florida(フロリダ州) 花のような
Montana(モンタナ州)
Nevada(ネバダ州) 雪のように白い

スペイン語が語源の主な地名

都市名 意味
Los Angeles(ロサンゼルス) 天使
Las Vegas(ラスベガス) 肥沃な草原
Santa Maria(サンタマリア) 聖母マリア
Santa Fe(サンタフェ) 聖なる信仰
San Francisco(サンフランシスコ) キリスト教の聖人・聖フランシスコ
Sacramento(サクラメント) 秘跡(見えない神の恩恵のしるし)

Santa Fe(サンタフェ)は本来、La Villa Real de la Santa Fé de San Francisco de Asís(ラ・ビヤ・レアル・デ・ラ・サンタ・フェ・デ・サン・フランシスコ・デ・アシス)というとても長い正式名称で、「アッシジの聖フランシスコの聖なる信仰に忠実な町」という意味になります。

また、San Francisco(サンフランシスコ)のほかにも、San José(サンノゼ)、San Diego(サンディエゴ)、Santa Barbara(サンタバーバラ)、のように、キリスト教の聖人の名を冠したスペイン語の地名が多く存在します。

前の記事

次の記事

ラングランドチャンネルスペイン語動画講座

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する