Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 25
楽しそうにスペイン語の会話を学ぶ教師と生徒

金曜午後は銀座でスペイン語
(Yo tengo la clase de español por las tades del viernes en Ginza.)
今日もニコニコ顔のイラム先生。やる気満々だ。

さて、今日から命令形(El imperativo)が始まる。最初にイラム先生が教えてくれたのは、命令形とはいっても命令する意味だけではなく使い方は幅広いということ。大きく分けて命令形で4つの使い方(Usos)ができるとのこと。

Usos del imperative

  1. Instrucciones(導く・教えてあげる)
  2. Consejos (アドバイス・意見)
  3. Oeden (命令)
  4. Invitacion (招待・誘ってあげる)

そうか!言い方や声の調子、Por favor(お願い!)が付いていたりなかったりで、意味合いは違ってくるのだ。日本語でも英語でも同じようなことだと納得。

さあ、肝心の活用の仕方だが、これはそんなに難しくなかった。(と最初は思った・・・)
当たり前だがYo(私)についての活用はなく、Nosotros(私たち)の活用はあるにはあるが、あまり使わない?との理由で割愛されてしまった。

命令形の肯定(Forma afirmativa)

-ar動詞

tomar 取る
tu toma
usted tome
vosotros/as tomad
ustedes tomen

-er動詞

comer 食べる
tu come
usted coma
vosotros/as comed
ustedes coman

-ir動詞

subir 乗る・上がる
tu sube
usted suba
vosotros/as subid
ustedes suban

活用の理解として簡単にまとめると、次のようになる。

  • -ar動詞では、tuはaで結び、ustedは語尾がeに変わる
  • -er動詞と-ir動詞では、tuはeで結び、ustedは語尾がaに変わる

さらに3つに共通しているのが、

  • vosotros/asには、原形語尾rの代わりにd(発音注意!)を付ける
  • ustedesには、usted の形に語尾nを付ける

こう考えると、クリアになった。肯定を理解して、内心「よしよし」と思っていたが、イラム先生が否定形の説明を始めて頭が一瞬???となる。

というのが、スペイン語の命令形否定(Forma negative)の場合、肯定(Afirmartiva)に「No」とか、英語でいうところの「Don’t」とかを付ければ済むわけではない。否定なら否定で、動詞の変化がすべて違ってくるというところが、やはりスペイン語。ただでは済まない。

それでは、肯定の活用で紹介した動詞を例にまとめてみよう

命令形の否定(Forma negativa)

-ar動詞

tomar 取る
tu No tomes
usted No tome
vosotros/as No toméis
ustedes No tomen

-er動詞

comer 食べる
tu No comas
usted No coma
vosotros/as No comáis
ustedes No coman

-ir動詞

subir 乗る・上がる
tu No subas
usted No suba
vosotros/as No subáis
ustedes No suban

本当だ!全部変わってしまった!と一瞬思ったが、冷静になってよく見てみると、ustedとustedesの活用はafirmativaもnegativaも一緒だ。また、イラム先生によると、negativaはとても簡単(es muy fácil)とのこと。

なぜなら、tomarのような-ar動詞は否定形ではeに変わり、comerやsubirのような-er動詞や-ir動詞は逆にaに変わる。あとは動詞現在形の活用と同じように、tuだとsが付き、vosotros/asでは語尾がáisに変わるだけだから。

そうか、言われてみればそうだ。しかし、これはやはり慣れてくればすんなりいくだろうが、それまでは練習しないと。Vamos a practica!

「次は不規則動詞の命令形活用をしようね」と、ニッコリ笑いながらイラム先生は、いつものように宿題のプリントをしっかりくれた。(しかも多めに)

Muchas gracias por su todo, Hiram! イラム先生本当にありがとう。

Esto es todo por hoy. 今日はここまで
Hasta el lunes! 月曜にまた。
Adios! バイバイ

前の記事

次の記事

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する