Spanish Columnスペイン語会話コラム

  • 12
挨拶している外国人の女の子

してもらった・してあげた時に使えるフレーズ

相手に何かをしてもらったら、次のようなスペイン語の言葉を使って相手に感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとう」
Gracias.(グラシアス)

「感謝しています」
Estoy agradecido.(エストイ アグラデシード) ~ あなたが男性の場合
Estoy agradecida.(エストイ アグラデシーダ) ~ あなたが女性の場合

握手を求めている外国人男性

「ありがとう」にさらに強い感謝の気持ちを込めたい場合は、Muchas gracias.(ムチャス グラシアス)となります。また、何かをしてあげた相手からお礼を言われたら、次のような言葉を返すとよいでしょう。

「どういたしまして」
De nada.(デ ナーダ)

「感謝には及びません」
No hay de que.(ノ アイ デ ケ)

日常的によく使う挨拶

スペイン語の基本的な一日の挨拶には、日本語の「良い」という意味のBuenoからはじまる、次の3つの言葉があります。

「おはよう」
Buenos días.(ブエノス ディアス)

「こんにちは」
Buenas tardes.(ブエナス タルデス)

「こんばんは」「おやすみ」
Buenas noches.(ブエナス ノチェス)

スペイン語の別れの言葉では、次の表現がよく知られています。

「さようなら」
Adiós.(アディオス)

またAdiósのほかには、次のような微妙にニュアンスが異なる表現があります。

「またね」(親しい相手に対して)
¡Chao!(チャオ)

「またね」(一般的な表現)
Hasta luego.(アスタ ルエゴ)

「また明日」
Hasta mañana.(アスタ マニャーナ)

「またいつか会いましょう」
Hasta la vista.(アスタ ラ ビスタ)

映画「ターミネーター2」では、主人公のターミネーターのセリフとして「Hasta la vista, baby.」(またな、坊や)という表現が使われています。

相手に「おめでとう」と伝える2つの方法

ハイタッチで祝福している外国人男性

スペイン語の「おめでとう」には、2つの表現があります。
1つめは、「幸福」を意味する名詞felicidad(フェリシダ)の複数形を使った表現で、誕生日や結婚のような相手の幸福を願う際に使われます。

「おめでとう」
¡Felicidades!(フェリシダデス)

「結婚おめでとう」
¡Felicidades por su matrimonio!(フェリシデス ポル ス マトゥリモニオ)

誕生日を祝う際は、英語のHappy birthdayと同様に「幸福な」という意味の形容詞felizを使って、次のように表します。

「誕生日おめでとう」
¡Feliz cumpleaños!(フェリス・クンプレアニョス)

そして2つめの「おめでとう」は、「祝い」を意味する名詞felicitación(フェリシタシオン)の複数形による表現です。合格や受賞などのように、「やったね!」と相手を祝福する際に使われます。

「おめでとう!」
¡Felicitaciones!(フェリシタシオネス)

「卒業おめでとう」
¡Felicitaciones por su graduación!(フェリシタシオネス ポル ス グラドゥアシオン)

「入学おめでとう」
¡Felicitaciones por su ingreso!(フェリシタシオネス ポル ス イングレソ)

季節の挨拶

クリスマスを祝う言葉

「キリスト(Christ)のミサ(mass)」が語源となっている英語のクリスマス(Christmas)に対して、スペイン語では「生誕」を意味するNavidad(ナビダ)を使った次のような言葉で祝います。

「メリークリスマス!」
¡Feliz Navidad!(フェリス ナビダ)

「メリークリスマス、そして良いお年を」
¡Feliz Navidad y próspero año Nuevo!(フェリス ナビダ イ プロスペロ アニョ ヌエボ)

新年のお祝いの言葉

スペイン語の「あけましておめでとう」にあたる言葉は、直訳すると「幸福な新年を!」という意味の次のような表現になります。

「あけましておめでとう!」
¡Feliz año Nuevo!(フェリス アニョ ヌエボ)

ただし、año(アニョ)がano(アノ)になってしまうと、新年の挨拶とは無関係のとんでもない意味の挨拶になってしまいます。くれぐれもティルデ(˜)の付け忘れには注意しましょう。

食事の席で使えるフレーズ

いただきます

スペイン語には、日本語の「いただきます」のような言葉はありませんが、食事の前の挨拶として次のような言葉が使われています。

「さぁ、食べましょう」
¡Vamos a comer!(バモス ア コメル)

「良い食事を」
¡Buen provecho!(ブエン プロベチョ)

また、食事を作ってくれた人から「Buen provecho.」(召し上がれ)と言われた場合は、「Gracias.(グラシアス)」と相手に感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

乾杯

乾杯の掛け声といえば、英語のCheers!(チアーズ)やイタリア語のCincin!(チンチン)が知られていますが、スペイン語では一般的に次のような掛け声が使われます。

「乾杯!」
¡Salud!(サル)

もともとSaludは「健康」という意味で、この言葉を掛け合うによってお互いの健康を願います。

くしゃみをした外国人女性

またスペイン語圏では、くしゃみをした人に対し相手の健康を気遣って、「¡Salud!」(お大事に)と声をかける習慣があります。そのような場面に出くわしたら、ぜひ使ってみるとよいでしょう。逆にくしゃみをした際に¡salud!と言われたら、「Gracias.(グラシアス)」とお礼を言うのが一般的です。

使える「おいしい」「まずい」の表現

食事のときに「おいしい」という感想を伝える場合には、次のような表現があります。

  • ¡Bueno!(ブエノ) ~ あなたが男性の場合
  • ¡Buena!(ブエナ) ~ あなたが女性の場合
  • ¡Rico!(リコ) ~ あなたが男性の場合
  • ¡Rica!(リカ) ~ あなたが女性の場合
食事している外国人女性

Buenoは英語のGood!にあたる言葉で、「いいね!」という気持ちを込めて使います。また、英語のRichと同じ意味のRicoは「おいしい」以外にも、「可愛い」とか「美しい」と表現する際に使える便利な単語です。
反対に食事がおいしくないと感じた時は、次のように表現します。

  • Malo.(マロ) ~ あなたが男性の場合
  • Mala.(マラ) ~ あなたが女性の場合
  • Desagradable.(デサグラダブレ)

maloはbuenoの反意語にあたることから、「良くない」「おいしくない」のような意味で使われます。また、「不快」という意味のdesagradableを使うと、「口に合わない」「不味い」という意味になります。

ごちそうさま

スペイン語にも日本語の「ごちそうさま」に近い、食事を食べ終わった時に使う表現があります。どちらも、「食事をいただきありがとうございました」という感謝の気持ちを込めて使います。

Gracias por la comida.(グラシアス ポル ラ コミーダ)
Agradezco por la comida.(アグラデスコ ポル ラ コミーダ)

気になる異性に対して使ってみたいフレーズ

異性に対する褒め言葉

「かっこいい」「きれい」「カワイイ」などの表現は、スペイン語圏内でも地域によってニュアンスに違いが見られます。そのため次にご紹介する例は、地域ごとに意味を確認の上ご使用ください。

  • Guapo.(グアポ) ~ 相手が男性の場合
  • Guapa.(グアパ) ~ 相手が女性の場合

guapoは、「イケメン」「ハンサム」「美しい」など見た目の美しさを褒める際に使われます。

  • Bonito.(ボニータ) ~ 相手が男性の場合
  • Bonita.(ボニータ) ~ 相手が女性の場合
  • Lindo.(リンド) ~ 相手が男性の場合
  • Linda.(リンダ) ~ 相手が女性の場合

bonitoは「かっこいい」「きれい」「可愛い」のように、英語のprettyに似た意味になります。また、lindoは日本語の「可愛い」の意味に近く、小さな子供に対しても使われます。

「好き」という気持ちを伝えるフレーズ

気になる異性に好意を伝える場合、スペイン語にはさまざまな表現があります。はじめに、「好き」という気持ちをストレートに表現する2つの方法をご紹介します。

「あなたが好き」
Me gusutas.(メ グスタス)

    「あなたに恋をしました」

  • Estoy enamorado de ti.(エストイ エナモラード デ ティ) ~ あなたが男性の場合
  • Estoy enamorada de ti.(エストイ エナモラーデ デ ティ) ~ あなたが女性の場合

次のご紹介するのは、直訳すると「僕の彼女になりたい?」「私の彼氏になりたい?」という意味になる、ちょっとひねった表現です。

    「付き合ってください」

  • ¿Quieres ser mi novia? (キエレス・セール・ミ・ノビア) ~ 相手が女性の場合
  • ¿Quieres ser mi novio? (キエレス・セール・ミ・ノビオ) ~ 相手が男性の場合

「愛してる」という気持ちを伝えるフレーズ

スペイン語では、家族や友人に対しても「愛してる」という表現が使われます。その中でも、異性に対するスタンダードな「愛してるよ」という愛の告白には、次のような言葉があります。

Te quiero.(テ・キエロ)

Te amo.(テ アモ)

また次の2つの表現は、日本人には少し大げさに感じるかもしれませんが、情熱的なスペイン語圏では意外と普通に使われているものです。

「あなたなしでは生きていけない!」
¡No puedo vivir sin ti!(ノ プエド ビビル シン ティ)

「息ができないほどあなたを愛している!」
¡Me dejas sin aliento!(メ デハス シン アリエント)

前の記事

次の記事

ラングランドチャンネルスペイン語動画講座

スペイン語会話コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する