Spanish Columnスペイン語コラム

  • 39

¡Cuanto tiempo ha pasado, verdad!
皆さま たいへんご無沙汰いたしました!

Finalmente puedo empezar este blog otra vez.
Mientras estaba descansando, por supuesto, continuaba estudiando español poco a poco con mi profesor, Hiram.
La verdad es que estaba muy ocupado porque desde el año pasado, yo empecé a enseñar el curso de TOEIC en nuestra academia. Por lo tanto necesitaba mucho tiempo para preparar y nopodia escribir esta columna.

やっとこのブログが再開できます。もちろんブログを休んでいた間もスペイン語の勉強は少しずつマイティーチャーイラム講師とやっていましたよ。昨年自分がTOEICを教え始めたので、その準備が忙しかったのです。

さて、せっかく再開したので、張り切って最近勉強している使えるフレーズを、ここで復習したいと思います。

Me gustó mucho un programa
de radio de antes que se llamaba
“まいにちスペイン語応用編”

En este programa, dos Profesores, 高木和子先生 y ヘスス マルティネス先生, explicaban la garamática de Español muy bien, especialmente en la sección de “frases útiles”.
以前やっていたNHKラジオスペイン語講座、「まいにちスペイン語応用編」が私は好きでした。なかでも、「大人フレーズ」コーナーは特に大好きでした。

Últimamente yo he estado probando el dictado de las convesaciónes de ellos.
最近、その番組のスキットをディクテーションする作業をしています。

NHKスペイン語講座DVD

Déjenme que se las presente aquí, por favor.
そのいくつかをここで紹介させて下さい。

間違いアリはご容赦!イラム講師に手伝ってもらいながらも、独力でディクテーションしたテキストから今回、スペイン語の例文としてトラブルを回避したいときに使えるフレーズを公開です。

La primera frase de hoy es:
“Lo mejor será ir a preguntar”

以下両講師解説

ヘスス講師

“Usamos esta frase cuando queremos sugerir algo a alguien o cuando queremos sugerir la solución a un problema pero sin imponerla.”

この表現は、何かを人に提案したり、問題解決策をやんわりと提案する時に使います。

高木講師

“ ¿Para dar consejos también podriámos decir, debes ir a preguntar, o tienes que ir a preguntar, no? ”

「アドバイスのためには、聞くべきだよ」
とか、
「聞きに行く必要がある」
とか言えるんじゃないの?

ヘスス講師

“ Esas expresiónes se pueden entender como una órden y según la situación,podrián causar problemas o mal entendidos
“Lo mejor será ir a preguntar.”
simplemente expresa que esa parece ser la mejor opción.”

その表現だと命令に理解されるかもしれないです。また、場合によっては問題を引き起こしたり、誤解を生み出すかも知れません。
「聞きに行った方がよいですよ」
と言えば、シンプルに「その方がベターなオプションですよ」となります。

La segunda frase de hoy es:
“¿Qué podriá hacer?”
私には何ができるでしょうか?

以下両講師解説

ヘスス講師

“ Usamos esta frase cuando pedimos ayuda, consejo, o cuando no sabemos qué hacer”

このフレーズは、サポート、アドバイスが欲しい、またどうしたら良いか分からない時に使います。

高木講師

“ ¿En este caso no seriá mejor decir claramente
Usted tiene que solucionar el problema porque la culpa es de la compañia aérea, no?”

このケースだと、相手に問題解決をはっきり言った方が明快じゃないですか。
だって、原因は飛行機会社にあるのだから。

ヘスス講師

“ ya, pero no creo que así se solucione el problema,si nos enfadamos y tratamos de darles órdenes lo normal es que la persona con la que estamos hablando se irrite
y no sienta mucha simpatía por nosotros.”

うーん、でももし、怒って相手に命令しようとしても問題解決にはならないと思います。
普通話しているその相手はイライラして、私たちにあまり親切にならないです。

“ Si preguntamos amablemente,
¿Qué podriá hacer?
la persona que nos atiende se sentirá más inclinada a hacer todo lo posible para ayudarnos.”

もし優しく “では私はどうすれば?” と聞けば、私たちの相手はもっと私たちに寄り添って可能な限りのサポートをするでしょうね。

ふーーーっっっ、
今日はここまで、次回はまた別の frases utiles スペイン語 使える大人フレーズに挑戦します。
¡Hasta luego!

前の記事

次の記事

DELE対策 オンライン無料体験会
スペイン語 オンライン無料体験会
ラングランドチャンネルスペイン語動画講座

DELE C1ホルダー "S"
スペイン語検定 DELE対策コラム

~入門編~ ~中級編~

スペイン語コラム

50すぎ渋谷の中年オヤジ社長 
スペイン語マスターに挑戦

社長

何度挫折してもあきらめないぞ!
スペイン語に再トライ
夢はずばり、趣味のマラソンでスペイン語圏を疾走、世界中に散らばっていった Mis Amigos との再会。
世界の平和を祈りながら。

スペイン語挑戦への5か条

  1. 一日2時間スペイン語学習 どんなに忙しくても最低1時間
  2. 習ったことのまとめをこのコラムでする。
  3. 人知れずする
  4. 泣き言いわない
  5. 仕事を言い訳にしない

大学卒業後、バブル時代をリクルートコスモス社にて勤務。
アメリカMBA留学中に、学費を稼ぐために自身の大学にて日本語講師を3年間勤める。
時を同じくイリノイ州日本人学校補習校で中学生担任を勤める。
帰国後米国大手システムコンサルタント会社勤務、GMジャパンカスタマーサポートチームマネージャー職を歴任。
1997年外国語会話ラングランドを創業
現在株式会社ローランドコーポレーション代表取締役
妻一男二女の5人家族

趣味 ランニング、ゴルフ、水泳、空手など

ページトップに移動する