1. 54ページ目

WaiWaiブログ

ラテ子の初めて旅行体験記 Vol.4 

2009/07/12

グアテマラのティカル遺跡を堪能し車はまたまた、ラフな道を1時間半かけて国境へ。

Way to Tikal

ここでハプニングが発生!ベリーズに入国しようとした時、ビザがシングルエントリーだから入国できないと驚きの一言。「日本のベリーズ政府代表事務所でグアテマラに行っても入国には問題ないといわれてシングルエントリーのビザをくれたのにどうして?」と抗議してもムダ・・・ 「でも、すぐにビザは申請できるから、この書類に記入して写真を1枚提出してください」と言われました。でもなんとビザ料金は50US$。しかも写真も撮らなきゃ。あまり現金は持ち歩かないほうが良いといわれて50ドルも持っていなかった私・・・しかもカードも使えない・・・ いったいどうしたら・・・ するとドライバー兼ガイドのエクトールさんが「僕が責任持ってベリーズにつれて帰る」といって、グアテマラ側の国境へ戻り、まずは証明写真屋さんを探してくれたのですがなんとエクトールさんも現金50US$は持っていなかった・・・。ATMの機械などあるわけがなく、ベリーズ入国断念・・・と思っていたその時、写真店にエクトールさんのガイド仲間が私と同じ問題で入国できなかったスイス人と一緒にやってきました。幸運にもその人が現金を持っていて貸してくれたのです。「ありがとう!」そこで撮った写真と記入済みの書類、貸してもらった50US$を握り締め入国管理事務所で手続きをし、無事入国。教訓です。

Border for Tikal

Border for Tikal

さて帰国後に問い合わせたところ、現在観光目的ではマルチエントリーのビザは発行されておらずシングルエントリーのみ!隣国へ出国し再びベリーズに戻る際には出国の際にそのことを担当係員に申し出なくてはならないそうです。また空港で入国する際にも「グアテマラに一次出国する」と念のため申告が必要とか。そうすればラテ子のようなびっくり体験は避けられるそうです。

勉強になりました。とにかく再び入国できたので 、またベリーズでの旅が続けられることになりました。めでたし めでたし!

今日はCHAA CREEK(チャー・クリーク)での滞在最後の夜です。明日の朝は早起きして生まれて始めてのバードウォッチングに出かけます。

渋谷キッズ英会話 楽しくてたまりません

2009/07/08

現在渋谷校ラボにて平日午後に開講中の

子供英語プログラム

ステップワールド子供英会話スクール

現在は4歳から小学生のクラスがあります。

大人のラングランドのクラスとは、全く違う、子供に特化した内容となっていて、

ゲームあり、DVDあり、リズムにのりのり♪♪

英語はお勉強ではなくて、楽しい遊びか、音楽をやっているというような錯覚?に

子供たち陥ってくれているのではないでしょうか?

教えている講師自身とっても楽しい、というメッセージがステップワールド本サイトにのっています。

 

またラングランド渋谷校ステップワールドのページでは、子供英語学習ステップワールドのレッスンについての詳細を確認していただけます。

子供英会話に興味のあるかた、是非のぞいてみてくださいね。

七夕☆ star festival☆

2009/07/07

本日7月は七夕です。

     Tanabata is the Star Festival held on July 7th. 

渋谷校では、ささやかながら小さな笹を用意し、子供クラスにて短冊に願い事を書きました。

 

We write our dreams and wishes on tanzaku, small colored stripes of paper. and tie the tanzaku to branches of bomboo trees.(七夕には、私たちは、たんざくに夢や願い事をかき、それを竹の枝にむすびつけます)

(more…)

初級 英会話レッスン奮闘記 ! ⑧

2009/06/26

Hello!

How's it going ?
Can't complain! :razz:

さて、奮闘記②でもご紹介したように、当スクールグループレッスンは

・振替、月3回までOK
・担任制
・月謝制(土日平日昼間はナント6400円/月)

そして、振替はどこの校舎でも、何の言語でもいいんですよ!知っていましたか?:razz:
だから、シフト制のように不規則の仕事の方も、うまく振替を利用して安心して低価格なグループレッスンに参加することができるわけです。

ラングランドは渋谷と新宿と銀座にありますが、どこも同じ制度で同じように行われています。
どこで受けても心配はいりません。

ただ、場所や建物の違いで、微妙に雰囲気が違っています。

ラングランド新宿校

最近、わが娘が新宿校で英語の振替レッスンを受けました。
普段は渋谷校で学校終了後にグループレッスンで受けていますが、やはり高校生はなかなか多忙。:roll:
時々、正規のレッスン日に行けなくなり振替を利用します。

スタッフに相談すれば、優しくアドバイスしてくれます。
「振替を今度の土曜日の午後に新宿校で受けたいのですが、私が参加できるレッスンはありますか?」
「英語でよろしいですか? 15時にオーストラリア人の先生とアメリカ人の先生のレッスンがあります。どちらも同じぐらいのレベルですよ」

みたいな感じで:razz:

いつもは渋谷でオーストラリア人講師に習っている娘は、あえてアメリカ人講師のレッスンを受けることにしました。

新宿校はJR新宿駅の新南口からも、副都心線A8の出口からも2,3分でつく、超便利な立地条件にあります。
そして、何よりも新宿校自慢は緑豊富なテラスです。 先月はBBQパーティが開かれました。
ガーデンテーブルとチェアを置いて、ちょっとしたカフェのような雰囲気♪
なんと、娘の振替レッスンはそのテラスでやるということです。:oops:
開放的な雰囲気と自然の風が吹く中、年齢様々な方と一緒のレッスンだったようです。

レッスンが終わってからの彼女の感想は
「とっても楽しかった。外も気持ちよかったし、先生の発音もわかりやすかったし、一緒に受けた生徒さんはおじさんだったけど、すごく発音がきれいでびっくり!一生懸命ついていったけど、充実したよ」

って、、、(おじさん呼ばわりした生徒さま、すみません):cry:

でも、よしよし、いい刺激になったようでよかったです!

それから、高校生らしい発見が!?
「あの先生は何語の先生?」
と若いフランス人講師を見つけるや否や聞いてきました。
「フランス語の先生だよ。かっこいいよね」
「うんうん♪ いつかフランス語もはじめたい!」

「あの先生は?」
「オーストラリア人の先生だけど、」
「いいないいな!あの先生も素敵!」

・・・・・・(;´Д`)

お二人とも、他校舎でも教えている先生なんですけどね(^^)

皆さんも、ぜひ新宿校をのぞいてみてください。
緑あふれるベランダでレッスンというのもいいですよ。

さてさて、娘に負けていられません。私もペラペラ目指して今日もレッスンに励みます。

Free Conversation の中で、

「I exhibited a ticket at Yahoo Auctions. How much do you think I got? 」
(ヤフーオークションにチケットを出品しました。いくらになったと思う?)

こんな会話から始まって、金額当て合戦に!

「I think that it is 10,000 yen.」
「I think that it is 3,500 yen.」
「I think that it is 20,000 yen.」

「It sold for 18,000 yen.」

「Really?  It made a profit!」

こんな会話、中学生でも言えそうですよね。

BUT!くせものは数字です。
英語の数字は難しい難しい!
10,000とか 3,000とか 18,000とか ましてや1/3とか 1.5 とか、私、言えませんでした トホホ:cry:

10,000・・・ ten thousand
3,000 ・・・three-thousand
56,700 ・・・fifty-six thousand, seven-hundred

さらに
1,000,000 ・・・ million
12,000,000 ・・・twelve million
747,000,000 ・・・seven hundred forty-seven million
1億(100,000,000)・・・ one hundred million

0.91・・・zero point nine one
1/2 ・・・a(one)-half
1/4 ・・・a(one)-quarter または a(one)-forth

3と1/3  ・・・three and one-thirds
359/1529 ・・・ three hundred fifty-nine over one thousand, five hundred twenty-nine

わお~~~~も~ムリ!:shock: これ、参考に一緒に勉強しましょう:oops:

英語で数学ができる人、本当に尊敬します。

その日は、帰ってからひたすら数字を読む練習をしました、、、

まだまだだな~私。:wink:

目指せぺらぺら
Accountant R.K

 

ワークキャンプinMexico③~ウミガメ保護活動・産卵~

2009/06/14

さて本題のウミガメの保護活動ですが、そもそもなぜ保護活動が必要かというと、
密漁されてしまうから。
ウミガメの卵やウミガメを食べる習慣が昔から一部であり、
今は保護動物として捕獲が禁止されているのですが、密漁されブラックマーケットで売買されています。
一部ではレストランでも密かに出されているそうです。
密漁者はウミガメだけでなく、ウミガメの卵も掘り返して売ってしまいます。
密漁からウミガメを守る為に、夜にビーチのパトロールをし、
卵を見つけた場合は掘り返し集め、安全なハッチへと移動。
ウミガメの産卵に遭遇した場合は、最後まで見守りすぐに卵を集めます。
まず最初の仕事は、昼にビーチの清掃をすること。
保護活動をしたビーチ
海水浴場ではなく、周りには何もない自然なビーチ。
写真には写ってませんが、流木が日によってはたくさん流れてくるので、
ウミガメが産卵のために上陸する際、障害物にならないようにどけ、きれいな状態に。
ゴミがあればゴミも拾います。
夜はパトロール&卵集め。
もちろんライトも何もない真っ暗な海ですが、
産卵前のウミガメはとても敏感になっていて、人の気配を感じたり光を見ると逃げてしまいます。
そのため月明かりと必要最低限の小さなライトでパトロール。
夜のビーチの写真も取ったのですが、真っ黒で何も写っていませんでした:lol:
そんな中でも、普段から保護活動をされている地元の方々は、
ウミガメが上陸した跡(砂の上に線のような跡が残っています)、
卵が埋まっている場所を意図も簡単に見つけます:shock:
実際にウミガメが穴を掘っている最中や、産卵の真っ只中に遭遇した事もしばしば。
その様子です。
産卵中は意識が朦朧としているらしく(と地元の方は表現していました)
近づいても写真をとっても大丈夫:razz:
もちろん邪魔をしないようには気をつけます☆
産卵の様子
産卵中のウミガメは、「ヒィッ・・・ヒィッ・・・」と声を上げ、荒い息遣い。
苦しんでる様子を初めて目の当たりにしたときは、かなり心配しました。
そしてご存知の方も多いと思いますが、ウミガメは産卵中に涙を流します。
本当に目から涙を流しています。
涙のようなものが見えるでしょうか??
泣きながら苦しそうに産卵しているウミガメを見るのは、かなりの感動です:razz:
ところが、地元の方によると、
「痛くて泣いてるんじゃなくて、穴掘ったときに目に入った砂を洗い流してるんだよ」
「産卵中はこん睡状態みたいなもんだから、痛みは感じてないんじゃない?」
とのこと。。。
知って良かったのか悪かったのか。知って嬉しくはなかったです笑
後で調べてみたところ、ウミガメは海中で体内に摂りいれた余分な塩分を、
液体のようなものにして体外へ出すそうです。
それが、「涙」(のように見えるもの)。泣いてるわけでは全くなかったのですね。。。
長くなってしまったので、続きはまた次回:mrgreen:
次回は卵集め~子ガメの放流までを書きます♪

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する