1. エミリオ 先生

Teachers 講師紹介

エミリオ

 エミリオ先生は、リゾート地“コスタ・デル・ソル(太陽海岸)”で知られる スペインはアンダルシア地方の中心であるマラガ出身です。
マラガ大学においては、ITを専攻、 アートが好きで、パソコンを使いイラストなどを描くことが得意なのはwaiwaiブログを読んでいらっしゃる方であればよくご存知かと思います。
レッスンにおいても、ブログで書いているような、分かりやすく、印象に残るレッスンを 的確な日本語(もちろん上級者にはなるべくスペイン語のみで)を用いて行っています。  

日本との出会いは、今から10年前に遡ります。
当時は、東京、日光、京都などの有名な観光地を1ヵ月半ほどかけて周ったそうです。
すっかり日本を気に入ってしまったエミリオ先生は、帰国後も日本への想いを忘れられず、 半年間の留学で再び東京に滞在、そして2003年からは日本においての第二の人生をスタートされました。  

マラガは前述のとおり、コスタ・デル・ソルの中心にあり、 アンダルシアのその他の観光地へのアクセスも良いため、 グラナダ、セビージャ、コルドバなどの世界遺産で知られる街へも気軽に足を伸ばせます。
特に、“アルハンブラ宮殿”のあるグラナダ/Granadaは、先生のお気に入りのひとつで、 マラガからは車で1時間半ほどで行けてしまうそうです。
『アルハンブラの思い出(Recuerdos de la Alhambra)』を聴きながら、 スペインを懐かしんでいるエミリオ先生を勝手に想像してしまいます(笑)。

先日、ペピ先生がブログで紹介してくれたミハス/Mijasもお薦めだそうです。
こちらは同じマラガ県。マラガ中心地から車で僅か30分ほど。  

先生お薦めのスペイン料理は、ポテトオムレツとガリシア風タコ。
日本でもスペインバルは増えてきましたが、 スペインに行った際には、是非バル(BAR)のハシゴをしてみたいもの。  
さて、スペイン語上達の秘訣を先生に伺ってみました。

「できるだけ練習して、日本語で考えないこと。 そして、習ったスペイン語をすぐ使うこと。」

シンプルですが、これを少しずつでも継続することが上達への近道。
さぁ、皆さんも早速実践してみて下さい!    

ページトップに移動する