1. 58ページ目

WaiWaiブログ

ワークキャンプinMexico

2009/04/07

2008年の夏、ウミガメの保護活動をしに、ボランティアとしてメキシコに行きました♪
メキシコのNGOが行っているインターナショナルワークキャンプで、
ウミガメの産卵期に合わせ世界中からボランティアが集まります。
メキシコ各地で約3週間、普段からウミガメの保護活動を行っている地元の人々のお手伝い:grin:
場所によっては外国人ボランティアしかいないなど、人手が足りていない場所が多いようで、
毎年産卵期はボランティアを募っているそうです。

私はNGO活動やボランティアに興味があり、ワークキャンプの参加を決めました☆
最初は別のワークキャンプ(韓国)に参加するつもりが、ひょんなことからメキシコに決定。

初めてのメキシコ、どんな国だか全く分からないし、スペイン語も全くできない、
英語もあまり通じないらしいし、皆が治安悪いよーって脅かすし・・・(;´Д`)

と不安もたくさんある中、
「いや、ぜったい普通の旅行より面白いでしょー」
という好奇心が打ち勝ち、行ってきました:grin:

結果から先に言うと、参加してほんとよかったです:mrgreen:
とても面白く、貴重で、充実した3週間を過ごせました(^∀^)

私が行ったのは、Zihuatanejo(シワタネホ)という小さな町。
アカプルコからバスで3~4時間くらいの場所です。
地元の人が集まるビーチリゾート(というよりは漁村に近い雰囲気)で、のーんびりとした、とてもキレイなところです♪
滞在したのはそこからさらにバスで30分少し行ったところにある、Buenavista(ブエナビスタ)という小さな小さな町(と言うより村)。
ブエナビスタでウミガメの保護活動をしている人4人ほどいて、そのお手伝い:!:

ボランティアメンバーはフランス、イギリス、ロシア、セルビア、そして日本と各国から
プラス、メキシコ人のボランティアリーダーで、計12名でした☆
ボランティア同士の会話は英語ですが、地元の人々との会話はスペイン語のみ:roll:
スペイン語が出来るボランティアメンバーは1人だけで、地元の人とのコミュニケーションはメキシコ人リーダーに任せっきりでした。。。

宿泊は、村に住むご夫婦のお宅ご厚意で間借りをさせてくださったのですが・・・
部屋は3部屋、そこに12人がひしめき合う状態で3週間過ごしました:sad:
可能な限りベッドをシェアし、残りの人は寝袋で☆
家の造りも、習慣も、日本人には(良くも悪くも)びっくりだらけの家でした。

保護活動は、砂浜の清掃(昼)、夜のパトロール(ウミガメが安全に産卵できるように)、産卵直後の卵を集め、ハッチに入れて飼育、孵化した子ウミガメを海へ放す、など多岐にわたります。
ボランティアの仕事は主に清掃とパトロール:idea:
なので夜から明け方までビーチで見回り&卵集め、昼に起きてビーチの清掃をし、後は夜まで各自好きなことをする、
という感じで毎日過ごしていました!

普段の生活では決して会えることのない人々と交流し
全く違う文化、習慣、考え方を学び
ウミガメの産卵を見て感動し
環境問題について考えたり
濃い3週間を過ごせました:lol:

次回から、ワークキャンプの生活、保護活動について細かく書いていきます

ウミガメチラリ 

 

メキシコ料理人気店!『FONDA DE LA MADRUGADA』

2009/04/01

ラングランドスペイン語講師イラム先生オススメの『FONDA DE LA MADRUGADA』という

渋谷区神宮前2丁目(明治通り沿い)にあるメキシコ料理店のご紹介です。

『夜明けまで人々が集い楽しめる場所』という理念でOPENしたこのお店。

メキシコ人シェフによる本場の料理は格別な上、さらに楽団3人組による生のラテン音楽も楽しむ事ができ、

家具やタイルは、全て現地から輸入されているため、メキシコの雰囲気をそのまま体感する事ができます:lol:

また、このお店はレストランとして食事を楽しむだけでなく、ウェディングや様々なパーティーとしても利用できます。

何を隠そうイラム先生もここで自身のウェディングパーティーを行ったそうなのです:wink:

イラム先生いわく、日本にあるいくつかのメキシコ料理店の中で、このお店の雰囲気や料理は本場その物との事。

特にがお勧め料理、『カマローネスアル テキーラ』という海老料理です。

とても美味しそうですね:lol:

皆さんも是非一度この『FONDA DE LA MADRUGADA』に足を運んでみてくださいね!

お店の地図はこちら

初級 英会話レッスン奮闘記 ! ⑤

2009/03/27

旧ブログより、ラングランド英会話グループレッスンに参加するスタッフ Accountant R.K が、感じたままにレッスン体験を載せさせていただいています♪

引越しで少々間があきましたが、再び月1回くらいのペースで、「初級 英会話レッスン奮闘記!」を再開いたします(*^^)v

記念すべき再スタート第1回のテーマは~~~

習い事 適齢期

皆さんは外国語を習うのに適している年齢とかお考えですか?

「自分はもう無理、、、」「記憶力が衰えているから、、、」「若い方ばかりの中で恥ずかしい、、、」 なんて思っている方いませんか?

実は私もレッスンをスタートするとき、記憶力の衰えを理由に躊躇していました。:sad:

10代、20代に比べると恐ろしく覚えが悪くなっていると思って、いまさら英会話をはじめてもなんだかな~っと思っていました。 ところが、ところが、ここのスクールでは実にさまざまな年齢の方が来ています。

それも英語だけではなく、スペイン語・イタリア語・フランス語・中国語・韓国語などなど!

今からはじめる方もたくさんいらっしゃるわけです。

私の尊敬するある舞踊家の先生が、先月より当スクールで英会話を習い始めました。

失礼ながらご年齢はaround70です。

(more…)

ラテ子の初めて旅行体験記 ~ベリーズ編~

2009/03/16

とにかくラテンの雰囲気が好きなラテ子は休みが取れると自然とラテンの国に足が向いてしまいます。

その旅の体験談をツラツラと書き綴ってみようと思いますので、お暇な時にお読みください。

私はこんな体験をしたっていうコメントもシェアできるとうれしいです。

情熱的なラテンの輪を日本中に広げましょう!(って杉本彩じゃないです)

まず初回はカリブ海の翡翠と呼ばれているベリーズ。

良い意味で期待を裏切ってくれる国ですのでオススメです!

でもどこにあるの?って思う人が大半ですよね。

私も2004年に愛知県で行われた万博で中米共同館で働くまでは名前も聞いたことありませんでした。

場所は中米。隣国はメキシコとグアテマラ、ホンジュラス。

結構近年までイギリス領だったので、ラテンの地に位置するのに公用語は英語です。

ダイビングをする人には有名な土地らしくブルーホールという海に大きな穴が開いたように見えるサンゴ礁群があり 自然世界遺産になっています。

そして、あのレオナルド・デカプリオもベリーズの自然の美しさに惚れ込んで島を丸ごと買ってエコホテルを建設中だとか。

さてベリーズへは、コンチネンタル航空やデルタ航空、アメリカン航空などを利用してアメリカ経由で行く方法が一番近いのですが、アメリカンを利用すると同日乗継が可能のようです。

16時間半ぐらいかかります。航空会社のスケジュールは変わることがあるので事前に調べましょう。

そして渡航前にはアメリカを通るので今はESTAの登録をお忘れなく。

それにベリーズはビザが必要です。ベリーズ領事館で取得できます。電話:03-3400-9306

(more…)

映画『シリアの花嫁』

2009/03/13

ミニシアター系映画の好きなスタッフS.Sです。

久々の映画紹介となりますが、今回はとりわけ大きな声で推薦したい『シリアの花嫁』です。

はっきり言ってしまうと、2,000円でも3,000円でも払ってでも観る価値はある作品だと思います。

この映画に飛び交う言語も、アラビア語、ヘブライ語を始め、英語、ロシア語、フランス語が登場するので、

語学好きの方にはそういう観点からでも興味深い作品と言えるでしょう(とは言え、メインはアラビア語)。

The Syrian Bride

The Syrian Bride

イスラエル占領下のゴラン高原に住む一人の女性の結婚式の一日を描いた感動作。

幸せいっぱいであるはずの結婚式にも関わらず、表情が冴えない花嫁。

なぜならば、彼女にとって、一度“境界線”を越えてシリア側へ行くと、

二度と家族のもとには戻ってこれないのです。

結婚には、人それぞれ、それに至るまでにいろんなドラマがあると思うんですが、

“国境”を日頃意識する必要のない日本に住んでいる私には想像を絶する物語が展開されます。

家族愛、そして固い決意とともに未来へと大きな大きな一歩を踏み出す姉妹の姿には涙すること必至。

イスラエル人監督とパレスチナ人の脚本家が組んでの作品ですから、それだけでも素晴らしいこと。

政治的問題を扱っているにも関わらず、ユーモア交え、見事に希望を描いています。

間違いなく、個人的に(まだ3月ですけど)今年のベスト3には入るのではという逸品。

どうしてどうして、2004年作品がようやく・・・という感じですが、出会えて良かった名作になるはずです。

(more…)

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する