1. 奈良 唐招提寺

WaiWaiブログ

奈良 唐招提寺

2009/11/14


先日、落慶法要が営まれたばかりの
奈良西ノ京にある唐招提寺へ足を運んできました。
鑑真和上で有名ですね。
奈良時代に建立された金堂は、平安、鎌倉、江戸、明治にと
改修されたそうで、今回は110年ぶりの「平成の大修理」。
2000年より9年に渡り全面解体修理が行われ、今月4日より一般公開されています。
金堂内の本尊の盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)や千手観音立像、
薬師如来立像などの8~9世紀頃の仏像も修理されたそうです。
ちなみに、すぐお隣の薬師寺も、
現在、国宝である東塔が、来秋からの解体修理のための
足場が下記のように組まれています。
こちらも約110年ぶりの解体。
すべて一旦解体し、歴史上初とも言われる基礎部分の発掘調査も
行うそうですので、何が出土されるのか興味深いところです。
来秋から、実に10年ほどの歳月を予定しているそうで、
その間、寂しい想いもしますが、長い歴史において必要なことですね。
修理と言えば・・・、姫路に飛びますが、
これまた国宝の姫路城も「平成の大修理」中。
知らずに行ってみたら修理中だった・・・ということもあるかと思いますが、
それもまた一興。
長い歴史の中のほんの僅かな修理期間に巡り合えたと思えば
それもまた良い思い出になるのではないでしょうか。
生きているうちに一度しか立ち会えない機会なのですから。
現在、奈良では興福寺にて『お堂で見る阿修羅展』、
奈良国立博物館においては『正倉院展』が開催中により大混雑。
鹿さんも人の多さに驚いている模様です。
最後に、個人的に奈良で好きなお店をご紹介します。
遊 中川
東京にも店舗がいくつかありますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
伝統的な麻を扱ったアイテムが、日本人の心のふるさととも言える大和の国、
奈良に根ざして発信されています。
オンラインショップはコチラ
定番アイテムは、「花ふきん」。
それ以外にも、思わず欲しくなってしまう小物がたくさんありますよ。
私もよく利用させてもらっていますが、つい誰かにプレゼントしたくなる品が多く、
贈り物などにも喜ばれるかと思います。
スタッフS.S
 

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する