1. ワークキャンプinMexico⑤~ブエナビスタ~

WaiWaiブログ

ワークキャンプinMexico⑤~ブエナビスタ~

2009/08/15

前回はウミガメの産卵と子ガメの放流をみていただきました
今回はワークキャンプ期間、滞在していた村について
ワークキャンプが行われたのは、ブエナビスタという小さな村。
アカプルコからバスで4時間ほど西へ行ったところにあります。
メキシコシティからは、まずシワタネホという市にバスで9時間かけて行き、そこからさらにバスを乗り換え、50分ほど行ったところにあります。直行バスはありません。
とーっても小さな村で、何があるかといえば、ビーチと自然くらい。

写真からもわかるように、空がとてもキレイな村でした。
ブエナビスタを紹介しているウェブサイトなどがあれば、とインターネットで検索してみましたが、全く出てきませんでしたメキシコ人でも知らない人のほうが多い村なので、当然かもしれないですが
気候は日本の夏と同じで、高温多湿。雨もよく降ります。
裕福な地域ではなく、家も小さく簡素なものがほとんど。
ブエナビスタの家

電気は通っていますが、たまに停電します。1度夜に停電し、暑くて暑くて全く眠れなかったことも
水道は引かれてなくて、それぞれの家庭で水を溜め、それを屋根の上にあるタンクへ引き、シャワーやトイレに流します。

この水を使います。
あんまりキレイには見えませんが、水自体はキレイなので、気にしなければ大丈夫です
ちなみに洗濯も、食器洗いも、シャワーもこの水です。
最初は正直
「えっ・・・この水で洗った食器って大丈夫!?シャワーもこれかぁ・・・」
と思いましたが、慣れちゃえば大丈夫 なんてことないです♪
人間、慣れると何でも大丈夫なものですね:lol: それに滞在中お腹は1度もこわさなかったので、特に問題の無い、キレイな水だったみたいです☆
でも、地元の方も飲み水はミネラルウォーターでした!さすがにこれは飲みません。

家の中には、テレビはありますがエアコンはなく、暑さは扇風機と気合で乗り切ります
インターネットなどもちろんなく、どうしても必要なときは隣町にバスか車で20分ほどかけて行くのですが、舗装された道路は1つのみで、地元の方はこれを「ハイウェイ」と呼んでいました:razz:

この1本道が「ハイウェイ」です。
他の道は舗装はされていなくても均してあり、砂利道ではありませんが、
それでも車で走るとガタガタと少し揺れるところも。

キレイに均された道です♪これは広い道で、実際は狭い道がたくさんありました。
ちなみに、ブエナビスタで走っている車はバンが多く、荷台に人が乗るのが普通です
こんな感じで。

すれ違ったバンを撮ったものなので、写真が切れちゃってますが
荷台の乗り心地は悪くなく、風を切って走るのはなかなか良い心地♪
何より日本ではできないことなので、楽しかったです
日本とは全く違う環境の村、驚きの連続でしたが、私たちが滞在した家は更なるカルチャーショックの連続でした:shock:
どんな家だったかは、また次回:grin:
 

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する