1. ワークキャンプinMexico③~ウミガメ保護活動・産卵~

WaiWaiブログ

ワークキャンプinMexico③~ウミガメ保護活動・産卵~

2009/06/14

さて本題のウミガメの保護活動ですが、そもそもなぜ保護活動が必要かというと、


密漁されてしまうから。


ウミガメの卵やウミガメを食べる習慣が昔から一部であり、

今は保護動物として捕獲が禁止されているのですが、密漁されブラックマーケットで売買されています。

一部ではレストランでも密かに出されているそうです。


密漁者はウミガメだけでなく、ウミガメの卵も掘り返して売ってしまいます。

密漁からウミガメを守る為に、夜にビーチのパトロールをし、

卵を見つけた場合は掘り返し集め、安全なハッチへと移動。

ウミガメの産卵に遭遇した場合は、最後まで見守りすぐに卵を集めます。

まず最初の仕事は、昼にビーチの清掃をすること。


保護活動をしたビーチ

海水浴場ではなく、周りには何もない自然なビーチ。

写真には写ってませんが、流木が日によってはたくさん流れてくるので、

ウミガメが産卵のために上陸する際、障害物にならないようにどけ、きれいな状態に。

ゴミがあればゴミも拾います。

夜はパトロール&卵集め。

もちろんライトも何もない真っ暗な海ですが、

産卵前のウミガメはとても敏感になっていて、人の気配を感じたり光を見ると逃げてしまいます。

そのため月明かりと必要最低限の小さなライトでパトロール。

夜のビーチの写真も取ったのですが、真っ黒で何も写っていませんでした:lol:

そんな中でも、普段から保護活動をされている地元の方々は、

ウミガメが上陸した跡(砂の上に線のような跡が残っています)、

卵が埋まっている場所を意図も簡単に見つけます:shock:

実際にウミガメが穴を掘っている最中や、産卵の真っ只中に遭遇した事もしばしば。

その様子です。


産卵中は意識が朦朧としているらしく(と地元の方は表現していました)

近づいても写真をとっても大丈夫:razz:

もちろん邪魔をしないようには気をつけます☆

産卵の様子


産卵中のウミガメは、「ヒィッ・・・ヒィッ・・・」と声を上げ、荒い息遣い。

苦しんでる様子を初めて目の当たりにしたときは、かなり心配しました。

そしてご存知の方も多いと思いますが、ウミガメは産卵中に涙を流します。

本当に目から涙を流しています。


涙のようなものが見えるでしょうか??

泣きながら苦しそうに産卵しているウミガメを見るのは、かなりの感動です:razz:

ところが、地元の方によると、

「痛くて泣いてるんじゃなくて、穴掘ったときに目に入った砂を洗い流してるんだよ」

「産卵中はこん睡状態みたいなもんだから、痛みは感じてないんじゃない?」

とのこと。。。

知って良かったのか悪かったのか。知って嬉しくはなかったです笑

後で調べてみたところ、ウミガメは海中で体内に摂りいれた余分な塩分を、

液体のようなものにして体外へ出すそうです。

それが、「涙」(のように見えるもの)。泣いてるわけでは全くなかったのですね。。。

長くなってしまったので、続きはまた次回:mrgreen:

次回は卵集め~子ガメの放流までを書きます♪


新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する