• ホームホーム
  • 受講生の声
  • 31歳男性 映像ディレクター・デザイナー

31歳男性 映像ディレクター・デザイナー - 仕事や旅行で使う英語の勉強を継続するための英会話スクール

英会話を習おうと思ったきっかけ

もともと大学時代受験のために英語を勉強して、大学の授業で受けていたくらいなんです。海外旅行もあまりしたことなかったんですが、卒業旅行にヨーロッパを4か国(スイス・イタリア・オランダ・ドイツ)の観光名所を回りました。
普通に海外に行くと、「ああ、よかったなあ、もう少し英語を勉強して行くともっと楽しいだろうなあ。」ということで、帰国して参考書とか買ったりして、勉強するきっかけを作るために思い立ってTOEICを3回くらい受けたりしました。たぶんかなり典型的なパターンかもしれませんね。(笑)
あと、私の場合ネット関係の仕事をしているので、ネットで調べごとをしていると、どうしても英語が否応なく目に入ってくるので、もっとスラスラ読めたり意味がちゃんと分かると情報収集のためによいなというのはあります。
多くの人がきっとそうだとおもうんですが、多くの人が英語を話せるのと話せないのとどっちがいいかって言うと、話せた方がいい、話せるようになりたい、と思っていると思うんですよね。実際に学習するかどうかは別として。
自分もナチュラルにそのうちの一人です。

スクールに通う前にやったこと

すでに言いましたけど、特に仕事とは関係なかったんですが、TOEICを受けたりして自分で英語学習へのモチベーションづくりをしてみたり、あとはどっかのブログに
「英語学習はこれだ!」
「今まで話せなかった人もこれをやればできる!」
みたいなやつがありますが、そういうネット上の情報を見聞きして、そこに紹介してある教材を1冊とか2冊とか買ってみて、発音の練習とか、音読をしてみるとかしました。
あとは、「スピードラーニング」のお試し版だけちょっとやってみるとか。(笑)
そういうお手軽なものから手をつけていました。

☆彡それで実際に独学してみてどうでしたか

これは今でも感じているんですが、その勉強法とかも大事なんですが、その根底とか前提にある「自分が英会話できるようになりたい」とか「英会話できるようにならなければいけない」というような状況と環境を作り出さないとだめだということは思います。
結局、どんな方法使ってもある程度自分で時間を割いて継続していかなければいけないことに変わりはないので、そこに維持の仕方っていうのが私にとっての課題で、逆にその環境さえあれば、何をやってもって言ったら言い過ぎかもしれませんが、方法はいろいろあるので、持続するために何をするかということが、大事だということは強く思いました。
こんなにすごい学習ツールがあるんだ、っていったところで1週間しか続かなければ何もならないわけで、そこのポイントはマストだと思いました。

スクール選びに際して

職場(銀座7丁目)の同僚に、たまたまラングランドのスペイン語で2年通っている人がいて、雑談で「英語話せるようになりたいんだけど」って言ったら紹介してくれたのがきっかけでした。「英語もあるし、振替ができるし、昼間だと月謝がお得」とか教えてくれて、それじゃ体験にでもいってみようか、というのが最初でした。
実際、足を向けたのはここだけで、ネットで他有名どころ中心にイーオンさんとかガバさんとか調べたりもしたんですが、正直ラングランドは、比較検討して、吟味の上、よしっ、ここに決めた!とかいうことではなくて、ちょうどいい条件が揃っていて、近いし、月謝も手頃だし、あと体験レッスンの時のボブ先生(担任)の印象がよくて、全部体験して、全部吟味してとかではなくて、ラングランドさんで行こうかなっていう「フワッとした感じ」で決めました。
あとやっぱり心のどこかに、紹介してくれた同僚がここで2年くらい続いていて、人におすすめできるということは、知り合いが入っているから自分も、というような軽いものではなくて、この人がちゃんと通っていて勧めてくれているというのが自分にとってはすごく大きかったですね。
見積もりとって値段を1円単位で比較したり、体験して保留したりするより、人に勧められたことの影響の方が自分にとっては大事でしたね。

スクールで英会話を始めて思うこと

スクールに通うことによって、英会話を学ぶ環境を整備したことにはなっているとは思います。TOEICなんかも受験の前は、学習のためのモチベーションレベルがMAXにあがりますよね。TOEIC試験は終わったあとに最低レベルにまでモチベーションが下がった状態がしばらく続いたものなんですが、スクールにこうやって1週間に一度通うとそのモチベーションの高まりの周期が少なくもと1週間に一度はやってくるんですね。
クラスで皆の前で、自分は今週なにしていたか、先週やったことをちゃんとモノにしているか聞かれますので。自分にとってはいい環境かなとは思います。
でも自分自身の課題になる部分もあるんですが、週1回のスクール通いだけで英語がものになるとも思えないので、やはり自分で勉強するためにも、宿題を出してもらえればやるきっかけになるんじゃないかと思います。
実際振替で入ってくる生徒さんは、宿題で英語の日記を書いてクラスに臨むこともあるようなので、そういうようなものをTOO MUCHにならない範囲で出してもらえるとよいなと思います。
あと、レッスンとは違う形で、例えばパーティーとか、イベントみたいなものに参加する形で実践英会話に触れる機会とかあるとよいなと思います。
じゃっかん人見知りの部分もあるので、実際に参加できるかどうかはわかりませんが。(笑)

レッスンまでに、仕事や学習で生じた英語についての気になる質問なんかを簡単にできるようにしてもらって、たとえ次のクラスの時間に間に合わなくても、何らかの形で確認できるにしてもらえるとすごい助かる気がするしありがたいと思います。

英会話習得のあかつきにご自身がやりたいこと

IT系の仕事をしているので、ホームページもよく作っているんですが、例えば英語圏に限らず英語のホームページ作成を必要としている世界中のクライアントと英語でコミュニケーションとって、国境を越えた仕事ができるようになるとよいなと思います。
英語圏に限ることなく、例えばアジアのお客様と英語で仕事をしてみたいものですね。

英会話講座案内に戻る

ページトップに移動する