• 「英語を勉強したい!」という全ての人へ「英会話を学ぶ目的」を忘れないことが上達の近道

英語・英会話が上達する方法

英語の勉強を始めた初心者の人、英会話が上達しない中級者の人へ

英語の勉強、特に英会話を上達させるには、ちょっとした意識改革が効果的な場合があります。
キーワードは目的意識を持つことと、ミスを恐れないということです。

英語を話す目的とは?

人によって英語を学ぶ目的は違うと思いますが、外国の英語を話す人とコミュニケーションを取りたいが為に、英会話を学ぶ人が多いと思います。
しかし単語や文法などを学ぶ進めるうちに、つい頭でっかちになり、スピーキングが疎かになってしまう人が少なからずおります。
中級者に多いとされるのが「間違ってたらどうしよう…」という気持ちから、会話ができなくなってしまうという状況です。
会話は楽しくするのが基本です。間違っていたからといって、会話が止まってしまう事はありませんよね。
「英語を勉強するのが目的」ではなく、「英語で沢山の人とコミュニケーションを取ることが目的」ということを忘れないで下さい。

相手をリスペクトしていないとコミュニケーションはできない

日本語では目上の人に対して敬語を使いますよね。英語にも丁寧語にあたる言い回しがあるように、会話をする相手によって話し方を変える必要があるのではないでしょうか。
もちろん全てを最初から完璧にマスターすることは難しいです。
ビジネスでなく友人として外国の人と話をする時には、フレンドリーな感じでも問題ありませんが、色々な表現方法を学ぶことで、より会話を面白くすることができるのです。

英語を勉強することは大事!でも完璧に100%を出す必要はある?

英語の単語や文法などは知っていても、外国人と会話はできない。ということ人が日本に多くおります。
それは「以前の中学校、高校での授業スタイルがスピーキングを重視した内容では無かったから」という要因もありますが、最も英会話が上達しない要因としては「失敗を恐れてしまう」ということがあります。
「単語を間違えてしまうかも」「文法に沿っていないかも」「発音が違うかも」という、心配から頭の中にある英語を口に出すことができない人が多いようです。
これは日本人特有であり、海外で英語を学ぶ人の多くは、間違いを恐れずにどんどん会話し、間違いの中から学び、英語のスキルを上達させています。

「分からないことを聞く」ということが立派なコミュニケーション

日本語は日々新しい言葉が生まれています。初めて聞いた言葉は、一瞬なんと言われたか聞き取れず、聞き直すことがありませんか?
英語もそれと同じで、「自分が聞いたことがない・発音したことがない」言葉は聞き取ることが難しくなります。

友達に流行っている言葉を言われて聞き取れなかった時、あなたは何といいますか?
「なんて言ったの?」「もう1回ゆっくり教えて?」と言いませんか?
これを言ったからといって、会話が終ってしまうということはなく、さらに会話が広がりますよね。

英語もこれと全く同じです。英語だって日々新しい英語表現が生まれています。
分からないことは恥ずかしいことではありません。聞き取れなかったことは恥ずかしいことではありません。
日本語と同じように、分からないことを質問し、教えてもらうということだって大事なコミュニケーションの1つです。

目的意識をもつことが英会話上達の近道

「英会話を勉強して、外国の人と会話がしたい!」
英語の勉強を始める多くの人の目的が、異国の人とコミュニケーションを取りたいということだと思います。
目的を忘れずコミュニケーションを重ねることが、英語を上達させるための上達法ということを忘れないで下さい。

原田講師のレッスンの詳細は以下のページで確認できます。
英語によるプレゼンテーション講座
英語でソーシャライジング講座
英語のメール書き方講座

英会話レッスンページへ戻る

ページトップに移動する