J Approach English Jアプローチイングリッシュ講座

世界最高の「言語教育パワー」を体感!

ハーバード大やエール大など米国の誇るアイビーリーグで採用されている言葉の効率的習得を徹底的に追及したJアプローチ。
世界の頂点の”言語教育パワー”を体験してください。

ラングランド Jアプローチイングリッシュ講座

ハーバード、エール、コーネルなどのアイビーリーグ大学をはじめ、アメリカの多くの一流大学や高校等で使われている
日本語のラーニングアプローチ(Jアプローチ)を使って、本格的な英語の習得を行います。
(Jアプローチは『米国の日本語教育に学ぶ新英語教育』〈大学教育出版〉で詳しく紹介)

英語の習得を目指している日本人にとって、難しいポイントは日本語と英語のズレの部分です。
その英語習得で障害になっているポイントにフォーカスしながら、「理解」と「繰り返し」のパターンで習得作業を行いますので、
効率的に弱点を克服でき、習得がよりスムーズに進みます。

英語は、英文法だけでなく発音・イントネーション、コミュニケーション上のルールなど、さまざまな言語面が相互に関連している総合的なシステムを持っています。 一般的な英語学習メソッドにありがちな「英文法のための英文法」「発音のための発音」「英語文化のための英語文化」「単語のための単語」「リスニングのためのリスニング」「リーディングのためのリーディング」「英会話のための英会話」のようにバラバラに行なわないで、
総合的に英語の習得を試みた方がより効率的に英語力全体のスキルが身につきます。

音楽やスポーツのスキル習得と同様、英語のスキル習得の極意は「繰り返し」です。
学校英語以来いろいろな薄いテキストを取替えつつのパターンでは「繰り返し」が出来ず、「覚えては忘れの繰り返し」になりかねません。

本プログラムで使用の「繰り返し」の出来る総合的テキストは、習得前提の詳しい英文法、日常会話はもちろんディベートのできる本格英会話表現、豊富な英単語&熟語と英語表現、発音・イントネーション、異文化コミュニケーション上のルール等が詳しくカバーされており、
それぞれのアスペクトを相互に連動させて効率的な英語の習得を目指せるようにデザインされています。

このメソッドはスピーキングに非常に重点が置かれています。理由はシンプルです。スピーキングが同時に他の三つの言語スキル(リスニング・リーディング・ライティング)をスムーズに伸ばすからなのです。 話せる言葉は聞けるし、読めるし、書けませんか?

ご家庭で一日平均1時間の予習・復習をしていただきます。文型パターンや発音の注意点、英語でコミュニケーションの注意点を理解し、その上で声に出しての繰り返しの練習により、知らない表現やセンテンスパターンを暗記しクラスに臨みます。

お問い合わせフォームはこちら

ページトップに移動する