TOEIC®直前対策講座 VIPプライベートコース TOEIC 直前対策講座 合宿編

Langland > TOEIC®TOP > オンラインTOEIC®IPテストについて

IPテストのオンライン受験
について

オンラインIPテストとは

2020年4月より、TOEIC®IPテストがオンラインで受験できるようになりました。パソコンがあれば場所を選ばず受験できるという、利便性の高いテストです。

オンラインIPテストのポイント

  • いつでも・どこでも受験できる
  • その場でスコアがわかる
  • ETS公式のテスト

通常のIPテストとの違い

オンラインIPテストは、パスコンを使って自宅など場所を選ばず受験できるという点以外に、試験内容も違います。

オンラインIPテスト IPテスト
パソコンで受験 実施方式 マークシート方式
自宅など 試験会場 決められた会場
約1時間 試験時間 約2時間
約25分 リスニング 約45分
37分 リーディング 75分
90問・合計990点 問題数・スコア 200問・合計990点
45問・495点 リスニング 100問・495点
45問・495点 リーディング 100問・495点
テスト直後にスコアが
わかります
スコア結果 (本校では)最短3日後に
スコアがわかります

※問題構成はこちらで確認できます。

オンラインIPテストを
受験するには?

IPテスト受験コース、または直前対策講座を受講中の方は、オンラインIPテストを1ヵ月に2回まで受験いただけます。通常のIPテストと組み合わせると、1ヵ月に最大4回のIPテスト受験が可能になります。

動画講座受講とTOEIC® L&R IPテスト受験がセットになったお得なプラン「2ヵ月履修コース」12,950円(税込)、「完全履修コース」21,950円(税込)がございます。また、IPテスト受験資格が付与される「直前対策講座」を受講する場合は、1回あたり6,950円(税込)で受験が可能です。

ラングランドは、団体特別受験制度(IPテスト)実施校であり、以下①②の条件を満たしている方に、IPテストを受験いただいています。

①正会員登録を行っている(初回のみ16,500円税込がかかります)
②対象となる講座(IPテスト受験コースまたは直前対策講座)を受講中である

オンラインIPテストは24時間・365日 毎日実施しています

オンラインIPテストは、各月で前半・後半の2つの期間で実施しており、「前半」毎月1日~15日まで、「後半」毎月16日~月末最終日まで毎日実施しています。「前半」「後半」それぞれ1回ずつ、月に2回まで受験可能です。

前半 毎月1日~15日まで
後半 毎月16日~月末最終日まで

※オンラインIPテストは試験終了後、すぐに画面上で結果を確認できます。 ※受験終了日の翌日午前10時頃、IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)よりテスト結果取得通知メールが送信され、ご自身でテスト結果をダウンロードいただけます。

オンラインIPテストの
受験費用

ラングランドでは、動画講座受講とTOEIC® L&R IPテスト受験がセットになったお得なプラン「2ヵ月履修コース」12,950円(税込)、「完全履修コース」21,950円(税込)をご用意しています。
また、IPテスト受験資格が付与される「直前対策講座」を受講する場合は、1回あたり6,950円(税込)で追加受験が可能です。 なお、ラングランドの動画講座受講、IPテスト受験のお申し込みには、マイページ登録が必要になります。マイページ登録については、こちらのページでご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ラングランド「マイページ」 ラングランド「マイページ」

受験・テスト結果確認までの流れ

IPテスト受験コースの講座を申し込み完了後、テスト実施期間であれば、すぐにでもオンライン受験が可能です。

※ オンラインIPテスト受験日より、翌月末までスクール発行も可能です。

  • IPテスト受験コース講座の画面 IPテスト受験コース講座の画面
    STEP1

    IPテスト受験コースの講座を申し込む ※「オンライン受験」から申し込みを進める

  • パソコンを使う女性 パソコンを使う女性
    STEP2

    お申し込み完了のメールが届きます ※オンラインIPテスト受験者サイトの
    URLが記載されています

  • オンラインIPテスト受験者のサイト画面 オンラインIPテスト受験者のサイト画面
    STEP3

    オンラインIPテスト受験者サイトに登録します

  • Authorization Codeの発行画面 Authorization Codeの発行画面
    STEP4

    Authorization Codeが発行されます ※受験者サイトへの登録が完了すると、Authorization Codeが発行されます。
    Authorization Codeはメモを取るなどして、忘れずに把握しておいてください。

  • 受験者サイトの画面 受験者サイトの画面
    STEP5

    受験者サイトにてオンラインIPテストを受験します ※Authorization Codeが必要になります

  • スコア確認画面 スコア確認画面
    STEP6

    テスト終了直後にスコアを確認できます

  • テスト結果取得通知メール テスト結果取得通知メール
    STEP7

    受験終了日の翌日午前10時ごろ、IIBC(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会)からテスト結果取得通知メールが届き、ご自身でテスト結果を確認・ダウンロードできるようになります。 テスト結果サンプルはこちらでご確認いただけます。

提出先にスコアレポートを発送いたします

オンラインIPテストのスコアレポートを提出する必要がある方、受験校からの郵送が求められている方、当校よりスコアレポートの発送をいたします(発送手数料1,100円)。

受験日翌月末までにお電話、またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※ お電話にて、発送先・発送手数料のお支払い方法を伺いますので、発送先の名称・ご住所をお手元にご用意ください。

問題構成と難易度

オンラインIPテストは、公開テストやIPテストに比べて問題数が少なく、試験時間も短くなっていますが、少ない問題数・短い時間で受験者の能力(スコア)を測定するための「CAT」というテストシステムが導入されており、取得スコアの有効性はTOEIC®公開テスト・IPテストと同等です。
難易度も、どのテストも同じだとされていますが、公開テストやIPテストで問題数が多くて時間切れになっている人は、問題数が少ないオンライン受験の方が簡単だと思うかもしれません。

また、オンラインIPテストのスコアは履歴書にも記載できますが、スコアが提出な場合には、提出先の規定を確認する必要があります。

リスニングパートの
問題構成

※表を左右にスワイプしてご確認ください。

オンラインIPテスト約25分 IPテスト/公開テスト約45分間・100問
UNIT ONE 写真描写問題 3問 Part1 写真描写問題 6問
応答問題 4問 Part2 応答問題 25問
会話問題 9問
説明文問題 9問 Part3 会話問題 39問
UNIT TWO 応答問題 5問
会話問題 9問 Part4 説明文問題 30問
説明文問題 6問

リーディングパートの
問題構成

※表を左右にスワイプしてご確認ください。

オンラインIPテスト37分・45問 IPテスト/公開テスト75分間・100問
UNIT ONE
(約23分)
短文穴埋め問題 5問 Part5 短文穴埋め問題 30問
長文穴埋め問題 4問 Part6
読解問題 16問 Part6 長文穴埋め問題 16問
UNIT TWO
(約14分)
短文穴埋め問題 7問
長文穴埋め問題 4問 Part7 読解問題
シングルパッセージ
ダブル・トリプルパッセージ
29問
25問
読解問題 9問

オンラインIPテストに関する
よくあるご質問

オンラインIPテストは受験可能な時間が決まっているのですか?

試験開始時間は決められていません。申し込んだ受験期間内であれば、いつでも受験可能です。

受験中にパソコンのトラブル等が生じた場合は、再度受験できますか?

受験中にパソコンがフリーズする等のトラブルが生じた場合には、一度ブラウザを閉じ、再度受験者サイトでログインしていただくと、続きからテストを再開できるようになっています。

受験期間を延長することはできますか?

お申し込み時に選択した受験期間を変更することはできかねます。IPテスト受験コース・直前対策講座の受験期間中ならば、追加で受験することが可能です。(受験1回あたり6,950円(税込)で追加受験が可能です。)

スマートフォンで受験できますか?

スマートフォンでの受験はできません。タブレット(iPad)での受験は可能ですが、アプリをダウンロードする必要があります。

マークシート式とオンライン受験で、どのような違いがありますか?

公開テストやIPテストは、問題が配られたら先の問題を確認することができます。そのため、先読みすることができましたが、オンライン受験では問題が1問ずつ表示されるため、先読みができません。