歌を勉強しようと訪ねた本場ミラノその時イタリア語の勉強もちゃんとしようと決めました。【石井 彩子 様】

イタリア語を始めたきっかけ

ミラノで歌のレッスンをニコレッタ・ザニーニ先生と石井彩子さん

元々学生の頃からミュージカルをやりたくて声楽を習い始めたんです。高校の時はオペラのイタリア歌曲を歌っていたので、意味はあまりわからなくても、歌詞からイタリア語はどんどん頭に入っていきました。

当時、音大に行きたかったんですけど、進路は保育科を選びました。おかげで今は子どもたちに囲まれて楽しく過ごしているんですが、趣味で声楽は今も続けています。

イタリア留学経験のある声楽の先生に薦められて、イタリアに昨年行く機会があって、そんな時やっぱりきちんとイタリア語を学ばなくちゃ、と思ってラングランドで初めて習い始めました。

ラングランドに決めたきっかけ

ラングランドでフランス語を学んでいる父に、
「とりあえず体験に行ってみれば」と薦められて(笑)
弟もお世話になっています。

イタリア語の学習で苦労する点・工夫している点

英語はNYに留学しましたし、ある程度の外国語の基盤はありました。
けれど、イタリア語は、男性名詞女性名詞の違いとか、覚えることが多くて、なかなか手ごわいなと、感じています。
勉強の仕方としては、フレーズごと丸覚えをした方がよいのではと思っているので、自分で単語帳を作ってみたり、あとは繰り返し書いて記憶を定着させたり、レッスン前にはカフェに寄って、復習や予習をしています。
ただ、なにせ仕事をしながらで、職業柄、週末に幼稚園の行事などのスケジュールが集中して入ったりするので、もう少ししっかりやらなければ、と思っているところです。

アレッシオ先生からのイタリア語の問いかけに答える石井さん

イタリア語学習の成果は

やっぱり、今まで歌っていた歌曲の意味が、ちゃんと分かるようになったことですね。
曲を聴いたときに、単語が引っかかってくるようになった、という感じはあります。

ラングランドに通われるお時間はどのような時間ですか

銀座校受付にて担任のアレッシオ先生と

やっぱり楽しみです。少しでも先生からネイティブの本物のイタリア語を聞きたいと思っています。
今週あったことをイタリア語のフレーズで先生と話したいというのがあるので、励みになっています。

いつかは歌をしっかり勉強したいですし、イタリアに本格的に留学したいと思っているんです。 そのためにも、1週間に一度ちゃんとレッスンに来る時間というのは必要だな、と思います。

インタビュアーのコメント

幼稚園の先生というとても素敵でやりがいのある今のお仕事で、日々充実した生活の石井彩子さん。しかし、そんな安定した生活をいつかは投げ打ってでも、歌という世界で自分の可能性を広げてみたいと夢を語る石井彩子さん。
インタビューの間、「夢」に向かってまい進される凛とした日本女性に久々にお会いしたと感じました。
石井さんの「夢」、その一歩へのお手伝い。私たちも頑張ります。

イタリア語講座案内に戻る

ページトップに移動する