• ホームホーム
  • 受講生の声
  • 井上 みどり様

一回はママとして、もう一回は一人の英語学習者として週に二回通ってレッスンを楽しんでいます。【井上 みどり 様】

ラングランドで英語を始めたきっかけ

以前勤めていた時の仕事は、ほとんど英語には関係なかったのですが、結婚して主人の留学で3年ニューヨークに行くことになりました。その時は英語に燃えました。その後日本に戻ってきて、最初は今5歳になる子どもに英語を習わせたいなと思って、家から通いやすくて、アットホームで、あたたかくて、みなさんでサポートしてくれるイメージがあったので、まずは子どもがお世話になることになりました。
で、子どもについてくるうちに、「自分もやればいいじゃないか」(笑) と思うようになりました。
それで当初は、子どもがレッスン受けている間にあわせて自分も受けてみよう、と思ったんですが、実際受けていく中でだんだん、「丁寧な言葉遣い」、「言い換えの習得」と目標も出てきました。

NY留学時代の井上みどりさん 多くの仲間に囲まれて

自分でもがんばって時間を作って、週に一回くらいは自分のための時間をもって、他のクラスメートの人たちとのレッスンを楽しむようになりました。
ですから、今は週に二回こちらに通わせていただいています。
一回はママとして、もう一回は一人の英語学習者として。

レッスン仲間と英会話グループレッスンにて

英会話の学習で苦労する点・工夫する点

ぼんやりテレビ見るくらいだったら、英語の番組を見るようにしています。
気に入った“洋画”はなるべく字幕なしで見てわかるようにしています。ここ何年間はTVシリーズの「24」にはまっていました。あれはセリフが速いので、英語だけだとちょっとフォローが大変だったんですが、字幕の助けも少しもらいながら見ていましたね。

英語をやっていて成果は

道に迷った外国の旅行者を助けることも多いと語る井上さん

渋谷に出てくると、街に外国人の方が大勢いて、中には道に迷っている方もいますよね。そういう時には、なるべく変な人だと思われないように気を付けながら英語で話しかけて(笑)、道案内などすることはありますね。
多いパターンは、「109」に行きたいのに、反対側の六本木通り方面で迷っている人が多いので、“Do you need help?” と話しかけると、だいたい “YES!!” とにっこりされますね。
最近では、外国人の方が渋谷で道に迷うパターンもわかるようになってきましたね(笑)。
あとは時々アルバイトで、「能」公演の受付をすることがあるのですが、外国の方も多くみえるので、積極的に英語での案内を心がけるようにしています。
ストーリーの解説まではなかなか難しいですが、席へのご案内でも、英語を使ってできることはお手伝いしています。

ラングランドに通う時間はご自身にとってどんな時間?

子どもと共にくつろいでいます(笑)。
親切にしていいただいて、本当にホッとしますし助かっています。

インタビュアーのコメント

お子様のためのスクール探しをきっかけに、ラングランドに親子で通う井上みどりさん。
NY留学時代の数々の楽しかった思い出を大事にされ、お子様のための英語学習への気配りをとても大事にされているご様子は、普段接しているスタッフにもよく伝わってきます。
お子様を送り迎えされる時のお顔は「ママの顔」、ご自身のレッスンで通われる時はきれいな発音で英語を操る一人の「英語学習者のお顔」と、しなやかに切り替えられるお姿はとても素敵です。

英会話講座案内に戻る

ページトップに移動する