English Column英会話コラム

  • 18
ありがとうを伝える日本人女性と困惑する外国人男性

日本では「サンキュー=ありがとう」という認識の人も多いと思います。そのため、“Thank you.”は万能なフレーズだと思っている人もいるかもしれません。
しかし、“Thank you.”だけでは、シーンによって適切でない場合もあります。感謝の気持ちを伝えるフレーズは、シーンで使い分けることも必要なのです。
感謝の気持ちを伝える場面は多々あります。英語で「ありがとう」を伝えるフレーズはたくさんあるので、シーン別にマスターしておくと良いでしょう。

“Thank you.”を使うのはどんな時?

“Thank you.”は、日本語でいう「ありがとう」ですが、「ありがとうございます」ではありません。そのため、親しい人や友人に対して使うのは良いですが、丁寧に表現すべき場面では適さないと言えるでしょう。

“Thank you.”だけでは、あまり丁寧な表現ではないので、目上の人やビジネスでは“Thank you.”だけで済ませてしまうのは良くありません。スピーチの中でも同じです。
“Thank you.”だけで済ませるのではなく、何に対して感謝しているのか、といったことを加えることで、目上の人に対して使ったり、ビジネスのシーンで使ったりしても問題ないでしょう。

“Thank you.”だけでなく、“Thank you very much.”とすることで、より丁寧になります。“Thank you very much.”も日本では馴染みのあるフレーズなので、活用しやすいと思います。

    “Thank you.” 「ありがとう」
    “Thank you very much.” 「ありがとうございます」
    “Thank you so much.” 「本当にありがとうございます」

ビジネスで「ありがとう」を伝えるには?

ビジネススーツでありがとうを伝える女性

ビジネスシーンや目上の人に感謝の気持ちを伝える場合には、感謝するという意味の“appreciate”などが多く使われます。
“Thank you.”も使われますが、“Thank you for ~.”と何に対して感謝しているのかを伝えることも必要でしょう。

    “.I appreciate it. ” 「感謝します」
    “I appreciate for your kindness.” 「あなたの親切に感謝します」
    “Thank you very much for your time.” 「お時間をいただきまして、ありがとうございます」

“Thanks.”と“Thank you.”の違い

“Thanks.”も“Thank you.”と同様に、「ありがとう」を伝える言葉ですが、“Thanks.”は“Thank you.”よりもカジュアルな印象を与えます。“Thanks.”は、親しい友達や仲間に対して感謝の気持ちを伝える場合に使います。

“Thanks a lot.” “Thanks a million.”など、他にも言い方がありますが、これらもカジュアルな印象を与えるため、ビジネスシーンや目上の人に対して使うのは適さないです。

“thx”とは?

“thanks”を省略し、“thx”とする場合もあります。これは、携帯メールなどで使われることが多いです。しかし、かしこまった書き方ではありませんから、目上の人などには使用しません。

なぜ“thanks”の『nks』の部分を『x』だけで表現するのか、不思議に思う人もいるかもしれません。これは、『anks』と『x』の発音が似ていることが理由で、携帯などで文字を打つのを簡単にするために用いられているようです。

その他の「ありがとう」に似た感謝を伝えるフレーズ

感謝の気持ちを伝える際に、次のような言い方もできます。

“I owe you a lot.”

「ありがとう、あなたのおかげです」という意味です。
“owe”は「~のおかげで」「借りている」といった意味であり、“I owe you a lot.”は「あなたにはたくさんの借りがあります」ということになりますが、日本でも誰かに何かをしてもらった時に、「借りができた」などと言いますが、これと同じようなニュアンスと言えるでしょう。
ビジネスでも多く使われているフレーズです。

“I am very grateful.”

「とても感謝しています」という意味です。
“I am very grateful for ~.”「~にたいして感謝している」などの使い方も多くされます。

    “I am grateful to you for your kindness. ” 「あなたの御親切に感謝しています」
    “I'm so grateful for all your help.” 「手伝ってくれてありがとうございます」

感謝の気持ちを最上級で伝えたい!

感謝を伝える男女

カジュアルな言い方から、ビジネスライクな言い方まで、英語にも感謝の気持ちを伝えるフレーズが多数ありますが、その中でも最上級の言い方には、“I can never thank you enough.” が挙げられますが、「いくらお礼を言っても足りない(ほどに感謝している)」という意味であり、深く感謝している時、最上級の感謝の気持ちを伝えたい時に使います。

    “I can never thank you enough.” 「感謝してもしきれない」

ビジネスメールでよく目にする“Thank you in advance.”は注意が必要

“Thank you in advance.”は、これまでに紹介してきたフレーズと同様に「ありがとう」を意味しますが、あらかじめという意味の“in advance”がついています。
そのまま訳すと「あらかじめ ありがとう」ということになりますが、「前もってお礼をお伝えしておきます」といった意味になるでしょう。

「よろしくお願いします」と同じような感覚で使っている人も少なくないようですが、依頼などをする際に“Thank you in advance.”と言ってしまうと、相手は断ることができなくなってしまうでしょう。
相手に断る隙を与えない・押しつけているような印象を与えるため注意が必要でしょう。メールで何かを依頼する場合、結びには次のような表現もあります。

    “I look forward to hearing from you.” 「お返事を待っています」

前の記事

次の記事

英会話コラム

アルバイトスタッフ
「くら」君の英会話日記

  • くら

    プロフィール

    サッカー大好き今どき男子の代表のような大学生くら君が、ラングランドの英会話レッスンに挑戦!(TOEICもガンバる)

ページトップに移動する