English Column 英会話コラム

  • 08
英語を話せるようになりたいと書かれたボードを持っている女性

英語を話せるようになりたいけれど、何から手を付けていいのか分からないという人は多いはず。たしかに、英会話スクールのみならず、英会話カフェやskypeのオンライン英会話はわんさかあるし、書店にはさまざまな教材が溢れ、どれを選んでいいのか分からなくなってしまうのも無理はありません。

そんな英語の迷子になってしまった人は基本に立ち返って、そもそも英語を学ぶために何が必要なのかということを考えてみませんか?それによって今後の学習方針が決まるはず。これから英会話の勉強を始める人にも役立つ、英語を話せるようになるために必要な5つのポイントをまとめてみました。

1.度胸

ガッツポーズをしている女性

英会話を勉強する上で最も必要とされるもの挙げるならば、断トツで度胸です。一般的に海外で生活すると英語を話せるようになるといいますが、外国にいるから急に語彙が増えるというわけではありません。話さざるを得ない状況に置かれることで、自然と英語を話す度胸がつくからなのです。

日本人の英語の上達を妨げる要因として、「照れ」や「恥」が挙げられます。「正しい英語で話さなければいけない」という強迫観念にかられ、「間違えたら恥ずかしい」「こんな言い方をしたら笑われる」などと余計なことばかり考えて、言いたいことが何も言えなくなってしまうこともあるようです。

あくまでも英会話は学校の勉強ではなく、コミュニケーションをとるためのもの。三単元のSをつけ忘れたり、少しくらい語順を間違えた程度で誰もあなたを責めたりはしません。たとえ「Pardon?」や「Excuse me?」と聞き返されたとしても、ひるまずに胸を張って自分の意見を言える、そんな度胸を身に付けましょう。

2.コミュニケーション能力

英語で話し合っている男女のイラスト

日本では、中学や高校の授業で初めて英語に触れる人が多いせいか、英会話を「勉強」として捉える方が多いのですが、英語は、私たちが普段話している日本語と同じコミュニケーション手段。そのため、文法や単語をただインプットするだけではなく、「会話」という双方向のつながりが求められます。

もちろん会話には言葉は不可欠ですが、それと同じくらい大切なのがコミュニケーションをとろうとする姿勢です。コミュニケーション能力はご存知のとおり「他人と上手くコミュニケーションを図ることができる能力」で、このスキルが高い人ほど、時には言語という高い壁を乗り越えることができます。

コミュニケーション能力を向上させるためには、「私はこんな風に思っています」という気持ちを、英語のテクニックに頼らず、相手に率直に伝える努力をすることが大切です。そうすれば最初はたどたどしいとしても、必ず自信を持って話せるようになります。

3.ボキャブラリー

英語の本を読んでいる女性

相手の言っていることを理解したり、自分の言いたいことを相手に伝えるために必要となるのがボキャブラリー(語彙)でしょう。語彙力が乏しいと、勉強によってそこそこ話せるようになったとしても、一定以上に上達しないことから、英会話を身に付ける上で語彙力の向上は欠かすことができないのです。

就職などに有利とされるTOEICの800点を取るためには1万語、大学入試では8000~12000語のボキャブラリーが必要だといわれています。1日10語を覚えても、1年で憶えられるのは3650語。英単語を1万語カバーするには、それを3年間も続けなければいけないという気が遠くなるような作業が求められます。

語彙を増やすには必要な単語をリストアップするほかに、多読や映画・音楽から学ぶ方法があります。お気に入りのペーパーバッグを何度も繰り返し読んだり、好きな映画の中からセルフを抜き出して書き留めるなど、自分に合った方法を見つけて目標の語彙数に到達するまで頑張りましょう。

4.目的や目標

パスポート

英会話の勉強を始めるにあたって、英語を学ぶ目的を持ったり、勉強するための目標を立てることは大切なことです。学校の勉強や仕事と違って趣味で語学を学ぶ場合、モチベーションの維持が成功の鍵を握ることから、常に自分を奮い立たせるための目的や目標が必要になります。

目的を明確にする場合、なぜ自分が英語を学びたいと思ったのか、原点に立ち返ってじっくり考えることから始めてみましょう。「好きな小説の原書を読む」「一人で海外旅行に行く」「外国人の友達を作る」など、1つ目的を持つことでモチベーションがグンと上がるはずです。

また、目標を立てる際は、「何を」「いつまでに」「どの程度」など、細かいゴールを設定しておくと実現しやすくなります。「毎日、2時間は必ず勉強する」「年内にボキャブラリーを8000まで増やす」「英検1級に合格する」など、具体的な目標を複数立てて実行することで、確実にモチベーションを維持することができます。

5.毎日の練習

ノートを使って英語の勉強をしている女性の手元

いくら勉強してしっかり覚えたつもりでも、人の脳は全ての情報を記憶することはできません。記憶には忘却がつきもの。大切なことを忘れないためには、忘れてしまう前にもう一度思い出して、脳に再記憶させておく必要があるのです。さらに、その工程を何度か繰り返すことで、確実に記憶することができます。

英語の練習は、30分や1時間でも毎日行うことがポイントです。時間がないという人は、朝晩の通勤時間を有効活用しましょう。覚えた語彙を復習したり、新しい構文を憶えるなど、あらかじめ計画を立てて進めると、さらに効果的に学習することができます。

前の記事

次の記事

英会話コラム

アルバイトスタッフ
「くら」君の英会話日記

  • くら

    プロフィール

    サッカー大好き今どき男子の代表のような大学生くら君が、ラングランドの英会話レッスンに挑戦!(TOEICもガンバる)

ページトップに移動する