• 英語の言い換え表現で変わる英文のニュアンスと強調部分-英会話チャレンジ日記03-

English Column 英会話コラム

  • 03
英語の言い換え表現をホワイトボードを使って説明するボビー講師

梅雨が明けて、本格的に暑さが増してきました。

そして今日は海の日。
人や電車が祝日モードになるなか、ラングランドは今日もレッスンがあります。

もちろんボビー先生もレッスンの為に来てくれています。
そして休みにもかかわらず校舎にはたくさんの生徒さんが。
継続は力なり、を見せられたシーンでした。

今日のテーマは、“言い換える”。

豆腐フェスティバルはどこでやっていたかを質問する設定。

  • Where was the Tofu-festival?
  • Where did it take place?
  • Where did Tofu-festival hold it?
  • Where was the Tofu-festival held?

 
こんなに言い換え表現があるんですね!

また、強調したい箇所によって同じ内容でも文章が変わります。

例えば、

What starter do you recommend for starter?

What do you recommend for starter?
※starter…前菜、お通し

だと、最初の文では、前菜を強調しているのに対して、2つ目の文ではあなたのおすすめが知りたいです、といったニュアンスが強くなります。

また今日はある意味での難題が1つ。笑

The kiwi fruit comes from ________.

キーウィという鳥

みなさんはわかりましたか?

New Zealandだと思った方は不正解です。笑

答えはChina だそうです!

もともと中国が原産の木で、ニュージーランドで命名されたそうです。

これが名前の由来となった鳥で、「キーウィ」と呼ぶみたいです。笑

前の記事

次の記事

英会話コラム

アルバイトスタッフ
「くら」君の英会話日記

  • くら

    プロフィール

    サッカー大好き今どき男子の代表のような大学生くら君が、ラングランドの英会話レッスンに挑戦!(TOEICもガンバる)

ページトップに移動する