English Column 英会話コラム

  • 05
会話の意味が理解できていない女性

「英語を話せるようになりたい」と一念発起して英会話スクールに通い始めても、初心者の中にはなかなか英語が上達しない人がいます。レッスンを欠席することなく熱心に通い、レッスン中は講師の話を真面目に聞いているにもかかわらず、なぜ英語力がアップしないのでしょう?

それには英会話スクールに通う人が、ついやってしまう行為が原因となっている場合があります。英会話ビギナーの英語力が向上するために、やってはいけないことを7つほどピックアップしてみました。

1.スクールに通えば英語が話せるようになると思っている

外国人との会話を想像する女性

「英会話スクールに通う」=「英語がペラペラになる」という、とてもシンプルな勘違いです。確かに、スクールに通っていれば、インプットされた英語の知識が、レッスンごとにどんどん蓄積されていきます。ところが、それだけでは英語が話せるようになるとは限らないのです。

ランナーがランニングの理論を聞いただけで、早く走れるようにならないのと同じで、教室でただレッスンを聴いているだけでは話せるようになりません。「リスニング」や「スピーキング」などの、トレーニングを地道に続けて英会話を身に付けることも必要なのです。

2.スクールに通う目的や目標がない

外国人と会話する日本の女性

ただ何となく「英語が話せたらカッコいいな」とか、「外国人と話をしてみたい」と漠然と考えているだけでは、レッスンを続けるモチベーションの維持が難しくなることがあります。英会話を勉強していると、誰もが必ず壁にぶつかることがあるのですが、そんな時に目的や目標があると、モチベーションを保つことができます。

目標や目的は、「英会話を身に付けて○○がしたい」、「○○ができるようになるまではレッスンを続ける」など、具体的で実現可能なものがよいでしょう。また、達成する期限を決めておくと、さらにモチベーションアップに効果的です。

3.やった気になって満足してしまう

英会話のレッスンでは、誰しも最初のうちは、はりきって予習や復習をして次のレッスンに備えるものですが、慣れてくると何となく手抜きしてしまって・・・。英会話をマスターするのが目標だったはずなのに、いつしかレッスンに通うことが目的のようになってしまうのです。それでは、残念ながら英会話は身に付きません。

特に、英会話で重要な「語彙を増やす」などの暗記が必要な作業は、一朝一夕には身に付けることは難しいといえます。何となくレッスンを受けて話せる気になった、ということ防ぐためにも、「1日に10単語を覚える」のような、日・週・月単位の細かい目標設定をしておくことも大切なのです。

4.復習をちゃんとしない

学習する女性

つい数日前にレッスンで勉強したフレーズを忘れてしまうと、つい「自分はなんて記憶力が悪いんだ」とか「私って忘れっぽいからしょうがない」と思いがちですが、人の記憶力はそれほど確かなものではありません。実は、脳に記憶として定着させるためには、学んだことを繰り返し復習する必要があるのです。

ドイツの心理学者の調査によると、人は時間が経てば経つほど、忘れてしまったことを再び記憶することが難しくなることが分っています。逆をいえば、間隔を置かずに復習すればするほど、必要なことを簡単に覚えられるのです。そのため、暗記したいことはちょこちょこ見直して、記憶にしっかり焼き付けておきましょう。

5.臨機応変に対応できない

会話中困る女性

ロールプレイングを取り入れたレッスンでは、さまざまなシチュエーションごとの会話を学びます。ところが、いくらレッスンで上手にやりとりができても、いざ実際に似たような場面に遭遇した場合、ちょっとでも学んだことと違いがあると、うまく対応することができないという残念な結果に終わってしまうことがあるのです。

英会話を勉強する上で、学んだことをそっくりそのまま生かせるシチュエーションばかりではありません。「似ているけど違う」「どう返したらいいのか分からない」という場面に出くわすことはあります。そんな時には、消極的にならずに自分の言いたいことを伝えることで、徐々にコミュニケーションをとれるようになります。

6.勉強量が圧倒的に少ない

一般的に、TOEICで600点程度のスコアを取っていれば、海外旅行でスムーズに買い物をしたり、レストランでオーダーすることができるといわれています。TOEICの600点は英検2級に相当するレベルで、週に数時間のレッスンを受けているだけでは、簡単に取得することができる点数ではありません。

初心者は特に、勉強することが多すぎて、何から手を付けていいのか混乱してしまうことがあります。そんな時、英会話のレッスンは、英語が話せるようになるための勉強法を学ぶ場にもなります。「何を?」「どのくらい?」勉強すればいいのかということを知ることで、効果的に英語を学ぶことができるのです。

7.うまく話せないと恥ずかしいと感じる

What did you say?と言われ恥ずかしそうにする女性

実際にネイティブの人と話す場面で、初心者がやりがちなのが「通じなかったらどうしよう」と及び腰になることです。自信がない人は、相手との会話でも声が小さくなってしまいます。さらに「What did you say?(何て言ったの?)」なんて聞き返されると、ますます話しづらくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

英会話は語彙力や文法も大切ですが、最終的には「ガチで会話をする」という度胸も必要になります。声が小さいと伝わる英語も伝わらないし、正しい文章でなければ相手に伝わらないという訳ではありません。初心者だからと開き直って、言いたいことを一生懸命伝えれば、相手も理解しようとしてくれるはずです。

前の記事

次の記事

英会話コラム

アルバイトスタッフ
「くら」君の英会話日記

  • くら

    プロフィール

    サッカー大好き今どき男子の代表のような大学生くら君が、ラングランドの英会話レッスンに挑戦!(TOEICもガンバる)

ページトップに移動する