• oneの使い方は1つじゃない?英語の代名詞の落とし穴とは-英会話チャレンジ日記10

English Column 英会話コラム

  • 10
one oneを指さす男の子

こんにちは!

今回のレッスンは、“one”がテーマでした。
正直最初は「なんだ、簡単じゃん。」という印象でしたが、Homeworkの問題を解いていくうちにみるみるやる気と自信が失われていきました。(笑)なんといっても厄介なのが分類の多さです。

  • this one
  • the one
  • the ~ one
  • a one
  • these
  • the ones ~
  • the ~ ones
  • some ~ ones

といろいろなパターンを理解しなければいけないので、これを見分ける作業は大変でした。

しかし、Homeworkの時点では根拠もなく「これは何となくaが付かない、ただのoneかなー」とか、雰囲気で選んでいた選択肢が少しずつ授業で分かって、自分で処理できるようになっていきました。

今回は復習もかねて習った事を整理して書き出してみようと思います!
まずは大きく分けて、前のワードが示すものが「単数」か「複数」かによって分かれます。つまりシンプルに考えると、使い方としては4種類しかありませんね。簡単です。(と、自分に言い聞かせていました。笑)

1. 単⇒this one, that one/複⇒these, those

これは割と簡単で、前の言葉に対してこっち(あっち)を示す時に使えます。
また複数形の時には基本的にoneを省略するそうです。

【例】
Which car is yours? This one or that one?

2. 単⇒the one ~/複⇒the ones ~

前の言葉が特定のものを指す時に使います。

【例】
Ken : Which hotel did you stay at?
Bob : The one near the airport.

この場合、Bobさんの中でのホテルはハイアットなのか?ヒルトンなのか?はたまた東急インなのか、いずれにせよ決まっているものなので、The oneを使います。

3. 単⇒the ~ one/複⇒the ~ ones

先ほどの2. の形の間に修飾語が入っただけです。

【例】
I don’t like the black coat, but I like the red one.

この場合、特定のコートのことを指しています。そのため、赤いコートならどれでも良いというわけではなく、あくまでも目の前にある赤いコートが好きだということを表します。

4. 単⇒a, an ~ one/複⇒some ~ ones

aが付く場合は間に形容詞などが入るものがほとんどです。

【例】
This cup is dirty. Can I have a clean one?

この場合、「綺麗なコップなら何でもいいよー」といったニュアンスなのでtheは使われていません。

と授業が終わって一通り整理してみると、予習を当て勘でやっていたのがとてもアホらしくなりました。(笑)同時に復習の重要さにも改めて気づかされました。

そして最後に。
レッスンはじめてから2回目のTOEICに挑んだ結果が返ってきました!

TOEICに挑んだ結果

最初信じられませんでしたが、前回の悲惨なスコアからまさかの190点アップでした!高めに設定した目標700点に少し近づいてきたので、これから本気で狙っていこう、とやる気になりました。

今回も、最後まで読んで頂きありがとうございました。

前の記事

次の記事

英会話コラム

アルバイトスタッフ
「くら」君の英会話日記

  • くら

    プロフィール

    サッカー大好き今どき男子の代表のような大学生くら君が、ラングランドの英会話レッスンに挑戦!(TOEICもガンバる)

ページトップに移動する