1. TANTO の使い方(パート1)(Usos de TANTO, parte 1)

WaiWaiブログ

TANTO の使い方(パート1)(Usos de TANTO, parte 1)

2013/03/29

普段、スペイン語の学習者は"tanto"という言葉を勉強するときに、"同じ"という意味で勉強するのではないでしょうか。しかし、この言葉の細かい使い方に迷う人も少なくないし、実は他に様々な意味もあります。
今回と次回、tantoのいろいろな使い方について勉強しましょう。
 

 
①   基本的な意味:「同じ」。
まず、4つの例文を見てみましょう:
Antonio es tan alto como Pablo.
アントニオはパブロと同じぐらい背が高いです。
Ana canta tan bien como María.
アナはマリアと同じぐらい歌を歌うことが上手です。
Yo trabajo tanto como tú.
私はあなたと同じぐらい働きます。
Carlos tiene tanto dinero como Mercedes.
カルロスはメルセデスと同じぐらいお金を持っています。
Carlos tiene tanta hambre como Mercedes.
カルロスはメルセデスと同じぐらいお腹がすいています。
Carlos tiene tantos problemas como Mercedes.
カルロスはメルセデスと同じぐらい問題が多いです。
Carlos tiene tantas preguntas como Mercedes.
カルロスはメルセデスと同じぐらい質問があります。
例文から見ると、tanto とtanは「同じ」の意味です。
使い分けと位置は、tanは形容詞と副詞の前で、tantoは動詞の後ろと名詞の前です。
名詞の場合は、tantoは形容詞の働きをするので、名詞に合わせる(男性・女性形と単数・複数形)
この使い分けは、よく見るとmuy/mucho, bastante, poco, demasiado, más/menosなどのと同じですね。こういう言葉の共通点は、みな程度を表す意味があるでしょう:たくさん、かなり、少ない、過ぎる、もっと、同じ、ほど… こういうわけで、感覚的にみな同じ使い方になります。
 
ところで、tantoはmás/manosとちがって、何と比べているかを知っていても、「como...」の部分は省略できません:
 
A: Solo tengo 1000 yenes, ¿y tú?
B: Yo tengo más. ← "que tú"の部分は要らない。
 
A: Solo tengo 1000 yenes, ¿y tú?
B: Yo tengo tanto dinero. → Yo tengo tanto dinero como tú.
 

 
 
②   「ほど…ない」
以上の文章は否定文だと、「同じではない」の意味ではなく、「ほど…ない」の意味になります。
Antonio no es tan alto como Pablo.
アントニオはパブロほど背が高くないです。
Carlos no tiene tanto dinero como Mercedes.
カルロスはメルセデスほどお金を持っていません。
理由は、「tanto...como…」の意味は最終的に「同じ」と言う意味であっても、感覚は日本語の「同じ」の感覚とはちょっと違います。
 
エミリオ

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する