1. 2週間弾丸旅行☆Part4(最終回)

WaiWaiブログ

2週間弾丸旅行☆Part4(最終回)

2011/12/22

お久しぶりです!弾丸旅行に関しては今回が最後の記事になるかと思います。
前回に続いて今回はストックホルムの観光場所や郷土料理について触れたいと思います。
つい2週間ほど前に毎年恒例のノーベル賞の授与式がありましたね。今回は平和賞からは女性が3名受賞しました。またスウェーデンのストックホルムでは医学生理学賞の発表直前に亡くなった教授が受賞をするという例外的な出来事もありました。そんな話題で賑わっているスウェーデンですが、今回は観光名所や現地の料理についてです。
まずご紹介するのは、ストックホルムのランドマークである市庁舎。この中にはブルーホールは市庁舎内で一番広い祝賀室がありますが、毎年ノーベル賞授賞式の晩餐会の会場となっています。舎内は入りませんでしたが、外庭からはストックホルムの町が一望できました。
市庁舎 市庁舎景色
またノーベル賞つながりでは、新市街にあるヒュートリエットという街中の野外マーケットがあります。その市場の後ろにみえる建物はストックホルム・コンサートホールと言い、ノーベル賞受賞式典の会場なっています。市場ではキノコやベリー類が売ってあるのを多く見かけました。国や地域ごとの市場を見るとその文化の特徴が分かって面白いですね!
市場
またガムラスタンと呼ばれる地域は石畳が一面敷かれている旧市街となっていて、王宮があります。
一日一回衛兵の交替式が公開されているので、見学するには早めの場所の確保をお勧めします。友人と私が場所に迷っていたところ、生まれも育ちもストックホルムというご年配のご夫婦と知り合うきっかけがあり、ベストスポットを紹介して頂きました。以前スウェーデンの人は英語が当たり前のように話せると書きましたが、そのご夫婦も全く問題の無い流暢な英語で会話をしてくださいました。現地の人から教わる情報などは旅行ではとても有益となり、素敵な交流が出来ました。
衛兵 衛兵2
ストックホルムの中心からフェリーを使い15分程度でユールゴータン島に行くと、スカンセン野外博物館が島の大部分を占めているのが分かります。
これは世界初の野外生活テーマパークであり、昔のスウェーデン人の日常生活や文化を体験したり、学べたりする施設です。
ガムラスタン
スウェーデンの有名な料理と言えば恐らくミートボールではないでしょうか。
滞在中はほぼ毎食といっていい程食べていました(笑)甘いベリーソースと絡めて食べるのがスウェーデン流なのだとか。
またスウェーデンのお菓子の代表は直径15センチくらいもあるチョコのお団子、チョコボールです。現地ではフォックラッドボッルと呼ばれているのだとか。
ミートボールの方はIKEAで食事が可能なので、ぜひまた食べたことがない方は一度お試しください!
ミートボール チョコボール
他には、ソーデルマルムというところは町中デザインの凝った雑貨屋、家具屋等が広がっており、一軒一軒ウィンドウショッピングをしていましたが、それだけでも楽しむことができます。
イメージは自由が丘や中目黒などで、どこのお店でもおしゃれな雰囲気が広がっていました。
街並み2 おしゃれな街並み
このように端から端まで歩くことが出来るのに地域ごとで醸し出している雰囲気や印象が全く異なり、それぞれの魅力を感じることが出来るのがストックホルム旅行の醍醐味だと思います。
冬の時期のストックホルムもまた違った良さがあると思うので、いつか再び訪れたい街となっています。
今年の更新は以上です。
みなさん、良いお年をお過ごしください!☆☆

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する