1. 東大寺大仏展

WaiWaiブログ

東大寺大仏展

2010/10/30

先日、東京国立博物館にて開催中の『東大寺大仏展』に足を運んできました。
2008年『薬師寺展』、2009年『阿修羅展』(興福寺)と
毎年のように奈良が東京にやってきてくれる近年。
 
まさか、あの大仏様は運び出せませんが(笑)、今回の目玉は国宝「八角燈籠」。

何度も東大寺へ足を運んだことがある私も、「こんなに大きかったかな・・・??」と、
4.6mもある燈籠のスケールの大きさに圧倒されます。
それもそうですね、、、
いつも大仏様についつい気がいってしまい、これほどじっくり見たことがなかったかも。。

この燈籠は、大仏殿創建当時からあるそうですが、2度の兵火をもくぐり抜け、今に至ります。
 
国宝の「誕生釈迦仏立像及び灌仏盤」も大きな目玉のひとつ。

お釈迦様の誕生を祝う灌仏会(かんぶつえ)の本尊としてつくられた仏像は、
通常10センチ程のものが多いのですが、本像は50センチ程もあり、
360度どの角度からも拝むことができます。
 
最後に、私が一番お会いしたかった「五劫思惟阿弥陀如来坐像」。

“五劫”というのは、長期間という意味で、長い間、思惟して髪が伸びてしまった阿弥陀如来様。
アフロヘアーで、なんとも親しみの持てる如来様です。
 
さすがは、東大寺。↓のようなものまであり、パソコンから奈良にお邪魔できます。
東大寺3Dバーチャル参拝
 
12月12日(日)まで開催中
 
スタッフS.S
 

新着情報

バックナンバー

  • 無料体験レッスン

ページトップに移動する